まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:証言

    1: まるっとニュー 2021/03/08(月) 19:52:43.12 ID:CAP_USER
     ラムザイヤー教授に対する批判は、契約や契約書がないことに集中している。法律の教科書を見ると、「契約」の本質は「意思表示の合致」である。「契約書」はその「証拠」にすぎない。にもかかわらず、「契約書」の存否にのみこだわる人が多いので、契約と契約書の存在を立証する事例を示そう。

     ここで取り上げるのは、「中国に連れていかれた朝鮮人軍慰安婦2」(韓国挺身隊研究会著、ハンオル、2003)に出てくるヒョン・ビョンスクの証言である。娘が親に売られて売春婦や慰安婦になるケースが非常に多かったことは、すでに何度も述べている。ここではそのような状況において、契約が結ばれて契約書が作られていたことを証明するため、この本に書かれている証言の中から重要だと思われる部分を抜粋する。

    ペ・ジュンチョル(質問者):その店からいくらもらって行ったんですか?

    ──500ウォンだよ。期限は2年でね。その500ウォンは父と母にあげたの。2年経って家に帰ってきたんだけど、家でぼうっとしててもしょうがないし、またほかの所へ行ってお金を稼いで、父と母にあげようと思って。村にはいないつもりだった。

     証言者のヒョン・ビョンスクには、酒場で働いていた経歴があった。売春を兼ねていたと思われる。2年の務めを終えて家に帰ってくると兄から結婚するように言われ、ならばいっそのこと、またお金を稼ぎに行こうと考えたのだ。そこで人を探すことにする。

    ──だから朴哥(パク・カ)って人に会いに、博川(パクチ ン、平安北道)へ行ったの。ある旅館に行って、「女性を買いに来たって聞いたけど、この辺のどこにいますか」って聞いたら、「あそこの旅館だよ。中国から女性を買いに来たってさ。行ってごらん」。それで行ってみたら・・・、男が一人座ってた。「女性を買いに来たんですか」と聞くと「若いお嬢さんがどうしたのかね」と聞くから「私も中国へお金を稼ぎに行きたいです」と言ったの。

    ペ・ジュンチョル:おばあさんはその時、中国に行って何をするのか知ってましたか。

    ──知ってたよ。

    ペ・ジュンチョル:日本の軍人を大勢相手にすることも知ってましたか。

    ──もちろん。

     彼女はその人が何のために女性を買いに来たのか、よく知っていた。続いて、彼女は契約条件の交渉に乗り出す。

    親がその場にいなければ支払われなかった前借金

    ペ・ジュンチョル:そういう話をどこで聞いたんですか。

    ──うわさで聞いたよ。いろんな話を聞いてね。あちこち歩き回ってから見つけたの。それで、私を買うかって聞いたら買うって。いくら欲しいかって聞かれて「うちの父と母が困るから、3年を期限にいくらくれる?」って聞いたら「2000ウォンあげよう」と言われた。だから、「2000ウォンじゃあ、1年で1000ウォンにもならないよ。1年に1000ウォン欲しい」と言ったら「いいだろう。3000ウォンにするから、家に帰って親の同意を得てきなさい」ってなって。

     前回の寄稿で述べたように、慰安婦として就職するためには戸主、つまり父親の承認が必要だった。ヒョン・ビョンスクの父親も最初は反対するが、娘に強くせがまれて、結局は承諾する。無論、父親も娘がどんな仕事をするのか承知していた。

    ペ・ジュンチョル:「ハンコはもらえましたか」

    ──もちろんだよ。父か母を連れていったらお金をもらえたの。それに、祖父や祖母のハンコももらえって。当時は厳しかったんです。

    ペ・ジュンチョル:「それは何歳でしたか」

    ──16歳になってたと思うよ。酒場にも2年くらいいたからね。祖父と祖母のハンコまでもらえなんて。ハンコを押してくれるか心配で。父なら私の話を信じてくれる。だから父の手を引っ張って川辺に連れてって話したの。「お父さん、女性を買いに来た人がいるんだけど、いくらいくらくれると言うから、遠い所へお金を稼ぎに行きたい」。父にいい暮らしをさせてあげたかったし、好きなものを食べさせてあげたくて。「お父さん、私を働かせて」。

     この場合、前借金はその場に親がいなければ支払われなかった。そして、両親と祖父母の同意と捺印が必要だった。父親だけでなく、母親と祖父母の同意と捺印まで必要な理由は分からないが、連帯保証人だったものと思われる。これが契約でなくて何であろうか。契約条件の一つとして、娘をほかの所に売り渡すなという要求を付ける。

    (続きは記事元にて)

    JBpress 2021.3.7(日)李 宇衍
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64369

    引用元: ・【朝鮮人業者と契約】慰安所を転々とした慰安婦の証言「契約書がない」というラムザイヤー論文に対する批判への反証[3/7] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【ラムザイヤー論文の補強じゃんww 【朝鮮人業者と契約】慰安所を転々とした慰安婦の証言「契約書がない」というラムザイヤー論文に対する批判への反証[3/7] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/03/06(土) 07:52:25.26 ID:CAP_USER
    【関連記事】
    ・「性奴隷説を否定した米論文にぐうの音も出ない韓国」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64066
    ・「慰安婦は性奴隷ではないと理詰めで語る米論文の中身」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64113


    ■ ラムザイヤー論文批判の中身

     (李宇衍:『反日種族主義』共同執筆者)

     ハーバード大学のラムザイヤー教授は自身の論文にて、慰安婦と慰安所は契約の関係であったと主張した。これに異を唱える韓国や米国の研究者の一部は、いまだに批判を続けている。批判の中核は、契約の関係を立証する契約書、つまり契約内容の書かれた「紙」を提示できないということだ。ここには、合意内容を必ず文書に残す欧米の契約文化と、口頭契約の依存度が高かった韓国の契約文化との違いを理解していないという背景がある。

     「契約書がない」という批判は、「契約自体なかった」という「確信」がベースにある。「契約がないのだから契約書も当然ない」という論理だ。批判者たちに共通しているのは、女性たちは契約ではなく日本の軍人や警察、官吏などに強制連行されて慰安婦になったという認識である。「強制連行だったのになぜ契約書や契約の話が出てくるのか」と責めているのだ。

     批判者たちは「確信」する根拠が山ほどあるという。「被害者」である元慰安婦たちの「証言」、「加害者」である吉田清治氏の「告白」、1992年に吉見義明氏が発見したという「強制連行」を指示した日本軍の文書、1993年に日本政府が発表した「謝罪」の織り込まれた河野談話、1996年に国連人権委員会で公表されたクマラスワミ報告書のように、アムネスティ・インタナショナルや国際法律家委員会(ICJ)などのNGO(非政府組織)が発表した各種調査結果である。だが、その「確信」のベースになった「証拠」の中で、いまも健在なのは元慰安婦の「証言」のみだ。それ以外はすべて虚構か、あるいはこの「証言」を根拠にしたものである。

     国際機関の報告書はどれも元慰安婦と吉田清治氏の証言、日本軍の文書、河野談話に拠っていた。河野談話は、「被害者と加害者の証言があり、これを客観的に立証する日本軍の文書がある」と多くの人が確信する状況において、追い込まれた日本政府が作成したものだ。しかしその後、その日本軍の文書は「強制連行」と無関係であることが立証され、他の文書は発見されていない。また、吉田清治氏の「告白」は創作だったことが明らかになる。日本で吉田氏を集中的に取り上げて報道した朝日新聞は、その名声もむなしく、それらの報道を取り消すに至った。一見すると証拠が山のように積まれているが、実際は元慰安婦の証言だけしか残っていない。

     では、元慰安婦たちの言う「強制連行だった」は信じられるのか。

    ■ 政治的に「汚染」された被害者の証言

     彼女たちがカミングアウトした1990年代初めの証言は「強制連行」と無関係だった。朝鮮人による就職詐欺や親に売られて慰安婦になったと証言しているのだ。ところが、慰安婦問題が韓国の社会的・政治的問題になり、韓日間の外交問題に発展すると言葉を変え、「強制連行」と言い出した。「証言」が政治的に汚染されたわけだ。その一例を挙げてみよう。

     現在、国の元老のような待遇を受け、自身を独立運動家でもあるかのように振る舞っている元慰安婦の李容洙氏は、1992年8月15日、KBS(韓国放送公社)の番組に出演した。司会者がどのようにして慰安婦になったかを質問すると、彼女は次のように答えた。

     「私はその時16歳で、着られる服もろくにないほど貧しかったのですが、ある人がワンピース1着と靴1足を持ってきてくれました。それをもらった私はうれしくて、何も知らずに付いていきました」

     朝鮮人が犯した典型的な誘拐事件を指している。ところが、そんな李容洙氏が2007年2月16日、米国下院議会の公聴会に証人として出席した時の証言は変わっていた。彼女は次のように「証言」し、米下院が日本を非難する決議案を採択するのに大きく貢献したのである。

     「軍人がその女性と一緒に入ってきて、片手で私の肩を抱き、もう片方の手で口をふさぎ、後ろから背中を何かでつつきながら、私を連れ去りました。(私は)歴史の生き証人です」

     元慰安婦の「証言」の一番の問題は、このように一貫性がないということだ。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b9d69a5a5827bb8203e28ac6c410837e7fc94922

    引用元: ・ようやく崩れ始めた「慰安婦強制連行説」の虚構 元慰安婦の「証言」の一番の問題は、一貫性がないということだ[3/6] [首都圏の虎★]

    【詐欺婆とそれに群がる詐欺集団 - ようやく崩れ始めた「慰安婦強制連行説」の虚構 元慰安婦の「証言」の一番の問題は、一貫性がないということだ[3/6] [首都圏の虎★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/02/19(金) 00:04:05.61 ID:CAP_USER
    機械翻訳 https://anonymous-post.mobi/archives/6477

    "イ・ヨンスさんは本人の証言だけが含まれても慰安所花屋のねじれに渡った場合に「日本軍慰安婦被害者」ではない"

    日本軍慰安婦」被害者」として知られているイ・ヨンスさんが日本軍に強制連行ではなく、
    実は慰安所花屋の誘惑に慰安婦になったという証言をした内容が公営放送局放送記録にまで残っていることが確認された。大きな波紋が予想される。

    1992年8月15日、KBS「生放送女性、私は女性挺身隊 - 民族受難の痛みを乗り越えて」は、
    当時の最初の慰安婦の証言をした金学順さんを中心にイ・ヨンスさんなども出演して、いわゆる「被害者」の証言をした。

    当時の顔も名前もがリョトドンイ・ヨンスさんは司会者オスクフイ氏が「どのように挺身隊(慰安婦)で店いますか?」と聞くと、次のように証言した。

    「はい、 私はその時年齢16歳なのに、貧しく立地もできずに食べてもできずありますが、
    どのような人なのかワンピーススーツし靴のペアを持ってきてくれジダ。それながら行こうそう持って、
    それを受けて持って非常にその時そのようなことも知らずいい基づいました。"

    これに対して司会オスクフイ氏はやや慌てたように、「ああ、そうねじれに移るんですね」と言いながら、
    この種の証言が日本軍に強制連行の証言がない再確認までしてくれた。

    日本軍の強制連行を否定したが氏の証言は、今更ではない。
    1993年度に挺対協が採録した「証言集I強制的に連行された朝鮮人軍慰安婦たち」(ハンウル)でこの種は、同じ証言を公式記録として残したからだ。
    この種は、当時家出状態だったという。

    「母にも話していないまま、わずか数分の順に沿って家を出た。家で着ていた黒いトンチマにボタンの付いた長い面積三を着ていると思いを集めていた。
    行ってみると川で見た日本の男が出ていた。彼は四十がちょっとないされてた。国民服に戦闘帽を書いていた。
    彼は私に服ボツンイかを渡しながら、その中にワンピースと革の靴があるとした。

    ボツンイを軽く持ち上げてみると、果たして赤いワンピースと革靴が見えた。それて子供の心にどのよう良かったのか知らない。
    だからやめ、他の考えもできずに気軽に応じて出るようになった。」

    今回この種の決定的KBS証言映像を再発掘したのは、最近連日慰安婦問題の真実を究明していきているギムビョンホン国史教科書研究所所長である。

    ・キム所長は「慰安婦被害者法によると、「日本軍慰安婦被害者」とは、
    「日帝によって強制的に動員されて性的(性的)虐待を受け、慰安婦としての生活を余儀なくされた被害者」に明白に規定されている」とし
    「しかし、イ・ヨンスさん本人の証言だけが含まれても慰安所花屋のねじれに渡った場合に「日本軍慰安婦被害者」ではない」と指摘した。

    キム所長は「この種は、「日本軍慰安婦被害者」がないのに今まで嘘で慰安婦法による各種支援、
    利益を享受してき否定受給者であり、犯罪者」とし「この種の犯罪に対しては 、1月末、すでに警察に告発した

    また、 KBS証言映像を女性家族部に提出して資格剥奪苦情を入れることで 、
    女性家族部の監査院に国民の感謝を請求する予定」という立場を明らかにした。

    ・一方、イ・ヨンスさんは来る16日、ハーバード大学でハーバードアジア太平洋大学法学部学生会(APALSA)主催円卓討議で
    「慰安婦被害者」の映像の証言をする予定である。最近ハーバード大学レムジャ続い教授の慰安婦論文の議論と関連して、対応性格に見える

    前スレ https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1613651289/
    .....

    引用元: ・【波紋】韓国慰安婦「実は慰安所花屋の誘惑で慰安婦になった」と証言した92年の生放送映像が発掘される★3 [ザ・ワールド★]

    【嘘しかつかないな 【波紋】韓国慰安婦「実は慰安所花屋の誘惑で慰安婦になった」と証言した92年の生放送映像が発掘される★3 [ザ・ワールド★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2021/02/20(土) 08:27:44.32 ID:CAP_USER
    (金 愛:フリージャーナリスト)

    旧日本軍の元慰安婦、李容洙(イ・ヨンス)氏は、日帝時代の従軍慰安婦を「自発的売春婦」だと定義付けたジョン・マーク・ラムザイヤー・米ハーバード大学ロースクール教授の退陣を求める記者会見を2月17日に行った(参考記事「性奴隷説を否定した米論文にぐうの音も出ない韓国」「慰安婦は性奴隷ではないと理詰めで語る米論文の中身」)。この場では、慰安婦として強制連行されたという事実を証明するため国際司法裁判所(ICJ)に訴える、慰安婦被害者に代わって文在寅大統領が日本の謝罪を受けるべきだと涙ながらに語っている。

     李容洙氏については、2020年5月に尹美香(ユン・ミヒャン)前正義記憶連帯(正義連)前理事長が、李容洙氏は慰安婦被害者ではなかったことを匂わす発言を出した。「真正性」と「信頼性」に対する疑惑を解消することなく、一方的に「被害者性」を訴えている李容洙氏には、自称“慰安婦被害者”という批判も上がっている。

     それを物語るように、会見の質疑応答では「世間では偽物慰安婦との論調もあるが」という質問がMBC担当記者から出た。それに対しては、「そんな認識の質問は今さら受けたくない」と回答。「当時は何も分からずに連れて行かれた。この30年の私を見てください」と続けた。この一連の報道を見て、「やはり」と疑心暗鬼になった韓国人は少なくない。

    (略)

    李容洙氏は韓国では代表的な慰安婦被害者だが、彼女に対する疑惑もある。韓国の「日本軍慰安婦被害者に対する生活安定支援及び記念事業に関する法律」は、慰安婦被害者を「日帝により強制動員され性的虐待を受け慰安婦としての生活を強要された被害者」と定義付けている。

     韓国で慰安婦問題が提起された直後の1992年8月15日、李容洙氏は最初に慰安婦だったと名乗り出た金学順氏と一緒に、KBSの生放送番組「私は女子挺身隊、民族受難の痛みを乗り越えて」に出演した。

     番組のなかで李氏は「16歳のとき、ぼろを着て食べることもできなかったが、日本人がワンピース1着と靴1足を持ってきてくれた」「それを差し出して『行こう』と言ったのでついて行った」と話した。司会者が「だまされたのか」と再度尋ねると、李容洙氏は再度「日本軍の強制連行ではなかった」と述べた。「拉致」や「強制連行」ではなく誘惑に負けたのである。

     この証言は、正義連の前身である挺対協(韓国挺身隊問題対策協議会)が発刊した「証言集-強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち(1993、ハンウル)」でも確認できる。「家出状態だった李容洙氏が川辺で若い日本人男性がくれたワンピースや革靴を見て虜になり、ついて行った」と掲載されている。

     ところが「強制連行ではない」という証言はその後、覆された。2007年の米国議会と2018年のフランス議会で行なった「証言」で、「強制連行の現場に軍人がいた」「背中に刃物を刺されて連行された」と発言したのだ。

     李容洙氏を数年間追跡してきた韓国インターネットメディアの「メディアウォッチ」は特集報道で、「李さんと挺対協の問題は国際詐欺劇」「(戦争で犠牲になった)日本軍将校のために霊魂結婚式を行った李さんは年齢、結婚、職業などをすべてだました詐欺共謀者」「『従北』勢力という烙印を押された政治勢力や市民団体と連合し、民主統合党比例代表国会議員を申請して政界進出まで夢見た人物」だと糾弾した。

     複数のマスコミ報道や資料を総合すると、李氏は1944年10月、14歳のとき、旧日本軍の慰安婦募集に応じて翌年1月から台湾・新竹(HSINCHU)空軍基地近くの慰安所で、7~10カ月の間、日本軍慰安婦生活を送ったようだ。しかし、李氏はあるメディアのインタビューで3年間の慰安婦生活を送ったと話している。また、一日に相手にした日本軍人も5人から最大70人に増えるなど「供述の一貫性」は見られない。

    韓国の歴史家で慰安婦問題の実態解明に取り組んでいる国史教科研究所のキム・ビョンホン所長は「李容洙氏は『日本軍慰安婦被害者』ではないにもかかわらず、これまで慰安婦法による各種支援や恩恵を享受してきた不正受給者であり、犯罪者だ」とメディアのインタビューで指摘した。

     李容洙氏は疑惑について沈黙を続けており、韓国世論が反証することはない。

    全文はソースで
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64163

    引用元: ・【慰安婦=売春婦】論文に噛みついた元慰安婦の過去、コロコロ変わる証言、韓国社会は神の言葉のように崇めている [2/20] [昆虫図鑑★]

    【本当何者だよこいつ 【慰安婦=売春婦】論文に噛みついた元慰安婦の過去、コロコロ変わる証言、韓国社会は神の言葉のように崇めている [2/20] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/12/07(月) 15:53:09.77 ID:CAP_USER
    ※イーデイリーの元記事(韓国語)
    外交部“日軍艦島など産業遺産歴史わい曲相変わらず…残念"
    https://www.edaily.co.kr/news/read?newsId=02587926625995240&mediaCodeNo=257

    写真はクルーズで眺めた軍艦も。[写真=ソ・ギョンドク教授の提供、連合]
    no title


    2020年12月4日、韓国・イーデイリーによると、韓国外交部が「日本は依然として軍艦島の歴史を歪曲(わいきょく)している」として遺憾の意を示した。

    日本政府は1日、端島(通称・軍艦島)などの遺産の歴史的評価に関する「解釈戦略履行現況報告書」をユネスコ世界遺産委員会に提出した。

    これは2018年6月に開かれた第42回世界遺産委員会で、「明治日本の産業革命遺産」(23カ所)に関する「全体事実を理解できる解釈戦略を用意すべき」という決定文によるものだ。

    9項目からなる解釈戦略履行課題において、日本政府は国際専門家の解釈と監査・国際模範事例諮問に基づいて各構成要素の全体事実を解釈し、報告書を作成して地域保存委員会と国内外の専門家からなる産業遺産専門家委員会と協議したと明らかにした。

    ところが韓国政府は、こうした日本の履行措置が「不十分」だとし、「国際専門家の諮問に従ったというが、どのように従ったかに関する内容はなく、産業遺産情報センターも強制労働に反論する日本人の一方的な証言を中心に展示されている」と指摘している。

    日本が諮問した国際専門家は豪州と英国出身だという。

    また、韓国政府関係者は「ユネスコは当事国間の持続的な対話を勧めたが、主な被害当事国である韓国との対話は全く排除された」と主張している。

    さらに「駐ユネスコ日本大使が強制労働を明確に認めたにもかかわらず、『朝鮮半島出身の全民間人労働者』という表現が維持されているなど、強制労働に関する被害者の証言やメディア報道に対する展示がなかった」とも話しているという。

    韓国政府は今後、ユネスコ執行理事会や世界遺産委員会などを通じて、日本に後続措置の履行と対話を重ねて促す予定だという。

    これを受け、韓国のネット上では

    「日本人の(真実を)隠してうそをつく癖は相変わらず」
    「これだから日本は信じられない」「反省して歴史を学び直した方がいい」
    「ドイツが(戦争責任について)どう対応しているかよく見てみなよ」
    「一体日本は子孫たちに何を残そうとしているのだろうか」

    など日本への批判的な声が上がっている。また、韓国政府に対しては

    「まだ日本のこと信じてたの?」との指摘や、
    「日本に対してするように、中国や北朝鮮にも同様の姿勢をとるべき。必要以上の反日扇動はやめて」

    との意見が寄せられている。


    2020年12月7日(月) 15時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b225857-s0-c10-d0127.html

    引用元: ・【韓国政府】 日本の軍艦島報告書に「不十分」と遺憾示す 「日本人の一方的な証言を中心に展示されている」 [12/07] [荒波φ★]

    【だって韓国人の「証言」はほとんど嘘だらけだもん 【韓国政府】 日本の軍艦島報告書に「不十分」と遺憾示す 「日本人の一方的な証言を中心に展示されている」 [12/07] [荒波φ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ