まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:読売新聞

    1: まるっとニュー 2020/03/22(日) 22:03:47.70 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 日本の『読売新聞』のソウル支局長は22日、自身のコラムを通じて韓国政府の『コロナ19』の対応について、ひたすらに与党の『総選挙用』と批判して物議を醸している。
    _______________________________________________________

    <グッドモーニング忠清=チョン・ムンヨン記者>
    日本最大の日刊紙である『読売新聞』は22日付の7面に、『国民惑わす選挙宣伝』という見出しの不届きなコラムを掲載した。

    コラムは『読売新聞』の豊浦潤一ソウル支局長が執筆して、文在寅(ムン・ジェイン)政権の『コロナ19』の対応をひたすらに『総選挙用』だと非難した。現政権がコロナ事態を与党の総選挙戦略に合わせて対応しているという、デタラメな主張を繰り広げているのである。

    彼が提示した根拠を見れば、元ベテラン級の記者なのかと疑問が浮かぶほど浅はか極まりない。

    まず、先月13日の経済界懇談会の際に、「国内での防疫管理は(ある程度)安定的な段階に入ったようだ。(コロナ19は)遠からず終息する」と述べた文在寅大統領の発言を取り上げた。これを総選挙の日程と結びつけて疑ったのである。

    引き続き、前日12日の保健福祉部次官の発言を持ち出した。「(まだ)集団的な行事を取り消し、延期する必要はない」と述べた発言である。当時、韓国政府が警戒を緩めていなければ、感染者のエクスプロージョン !!(爆発的増加)を防げたのに、あえて警戒を緩めたかのような論理を展開した。

    それと同時にこれら二つの発言を、「単なる楽観(論)というより、差し迫った総選挙に対する焦りがもたらした」とし、『総選挙用』とこき下ろした。非常に不届きな視覚である。

    そして、「総選挙まで消費の冷え込みなどが続けば(選挙が)与党に不利になると考え、前のめりになった発言ではないだろうのか。危機管理の局面で政権トップ(最高指導者)自らが政府の信頼を失墜させてしまった」と指摘した。不届きな想像を前提にした、『似非(えせ)ジャーナリスト』の断面を露わにした。

    彼の疑念は収まらない。彼は、「防疫上の観点ではなく、選挙対策として見れば納得がいく」とし、日本の入国制限措置に対する韓国の反撃を取り上げた。「韓国に入国制限措置を取った国の中で、唯一韓国だけが日本に対抗措置を取った」とし、「日本に強く出なければ、世論の反発が怖いから」という説得論理を繰り広げた。

    安倍政権が政略次元で持ち出した入国制限措置に対し、じっと伏せながら対抗したのは、文在寅政権が政略的に近付いたのではないかという、古臭い植民地史観的な主張である。

    また、「総選挙で敗れた場合、2年の任期を残して文在寅政権がレームダックになる公算が大きい」とし、「そのため勝つことが優先」と付け加えた。ひたすらに総選挙の勝利という一念の下、文在寅政権が事態を臨機応変に『誤魔化している』とし、幾重にも捻じ曲げたのである。

    読売新聞のソウル支局長はこの日、事実を始終全面的に歪曲して、1人称の観点という狭い観点で、極めて偏狭な『駄文』を書き散らしたと言っても過言ではない。

    日本の『嫌韓感情』を刺激して、危機に陥った安倍政権の背中をなだめる浅はかな舌先三寸を通じ、彼はこの日、自分が日本版の『寄生虫』役を天下に公言することになった。

    歴史学者のチョン・ウヨン教授は、「読売新聞が韓国の未来統合党の支持者と “完壁に一致した” 主張をした」とし、「1世紀前に我々の祖先は、“外見は韓人だが腸(はらわた)は倭人の鬼のような者” を、“トオェ(土着倭寇)” と呼んだ」と皮肉った。

    ソース:グッドモーニング忠清(韓国語)
    http://www.goodmorningcc.com/news/articleView.html?idxno=229252

    引用元: ・【韓国】読売新聞のコラムは『日本の “嫌韓感情” を刺激して “安倍” をなだめる “寄生虫” のような “駄文” だ』[03/22]

    【感情論で罵詈雑言並べてるだけの朝鮮メディア【韓国】読売新聞のコラムは『日本の “嫌韓感情” を刺激して “安倍” をなだめる “寄生虫” のような “駄文” だ』[03/22]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/23(月) 09:16:11.13 ID:CAP_USER
    (写真)
    http://www.goodmorningcc.com/news/photo/202003/229257_236615_248.jpg
    ▲ 共に民主党のイ・スジン候補(銅雀乙)は22日、「読売新聞の記者に問いたい」とし、「日本当局がクルーズ船の乗客を閉じ込め、感染の有無を公開しなかったのは “東京オリンピックのための隠蔽” だったのか」と尋ねた。
    _______________________________________________________

    <グッドモーニング忠清=チョン・ムンヨン記者>
    文在寅(ムン・ジェイン)政権の『コロナ19』の対応について、ひたすら『総選挙用』と貶めた読売新聞の豊浦潤一ソウル支局長に対する批判が沸き立っている。

    共に民主党のイ・スジン候補(銅雀乙)は22日、「コロナ19を乗り越えるため、最善を尽くす我が国民に対する冒涜だ」と言いながら、「今のような世界的危機状況では、“※いとこが土地を買えば腹が痛む” 時ではなく、お互いの長所を学んで共有する “連帯” が必要だ」と忠告した。
    (※人が上手くいってることを嫉妬するという意味)

    彼女はこの日に自身のFacebookで、「責任あるメディアが、韓日関係を悪化させるような愚かな行動をしないでほしい」とし、「ただでさえ今回の総選挙が “韓日戦” と言う人もいるのに、日本のメディアが韓国の選挙に影響を及ぼす言動を慎んでほしい」と窘(たしな)めた。

    続けて、「読売新聞の記者に問い返したい」とし、「それでは日本当局がクルーズ船の乗客を閉じこめ、感染の有無を公開しなかったのは “東京オリンピックのための隠蔽” だったのか」と尋ねた。

    (写真=聯合ニュースの写真に差し替え)
    https://img6.yna.co.kr/photo/yna/YH/2020/03/22/PYH2020032211150007301_P4.jpg
    ▲ 日本の『読売新聞』のソウル支局長は22日、自身のコラムを通じて韓国政府の『コロナ19』の対応について、ひたすら与党の『総選挙用』だと批判して物議を醸している。

    ソース:グッドモーニング忠清(韓国語)
    http://www.goodmorningcc.com/news/articleView.html?idxno=229257

    引用元: ・【韓国】共に民主党イ・スジン候補、「読売新聞に問い返す、クルーズ船の隠蔽は “東京オリンピックのため” なのか?」[03/23]

    【こりゃ相当確信ついたんだな 【韓国】共に民主党イ・スジン候補、「読売新聞に問い返す、クルーズ船の隠蔽は “東京オリンピックのため” なのか?」[03/23]】の続きを読む

    《 
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/05/03(木) 17:28:21.25 9
    2018.05.03 16:00
     今日3日の「憲法記念日」を前に、朝日新聞は2日の朝刊で憲法を中心とした世論調査の結果を公表した。調査によると、安倍政権のもとで憲法改正を実現することに
    「反対」は58%、「賛成」は30%で、昨年調査(反対50%、賛成38%)よりも「反対」が増えた一方、「賛成」は減少した。

     また、1983年以降調査を続けている「いまの憲法を変える必要があるか」の経年変化も掲載。そこからは、国民投票法の施行(2010年)や集団的自衛権行使容認の閣議決定(2014年)など、
    憲法議論が活発な時期に“護憲派”の支持が増える傾向にあることが見て取れるが、政治学者で東京大学先端科学技術研究センター助教の佐藤信氏は「憲法を“変える”という言葉には、色々な方向性が含まれている」と指摘する。

     「いま護憲の立場にいる野党も、かつてはプライバシー権や社会保障に関する部分などリベラルな政策を提案するために、
    むしろ憲法を変えてもいいんだという主張をしていた。野党にもそういう時期があるわけで、(数字の)上下は気になるが、何の憲法改正についてなのか注目する必要がある」

     また、憲法改正議論で一番のポイントとみられるのが「9条」改憲について。安倍総理は9条の「戦争放棄」と「戦力不保持」を維持しつつ、自衛隊の存在を明記する改正案を出している。この点について、朝日新聞の調査(同)では
    「賛成」が39%、「反対」が53%となっているが、読売新聞の調査(4月30日)では「賛成」が55%、「反対」は42%と、両紙の数値にバラつきがある。この結果はどう見るべきなのか。

     佐藤氏は「『朝日新聞は護憲』『読売新聞は改憲』と読み解く方もいて、そういう側面が全くないとは言えないが、一番重要なのは質問の仕方」だとし、

     》

    ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

    引用元: ・朝日新聞と読売新聞でなぜ結果に差? “改憲世論調査”はどう読むべきか

    https://abematimes.com/posts/4128867

    【朝日新聞と読売新聞でなぜ結果に差? “改憲世論調査”はどう読むべきか 】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/11/05(木) 10:14:19.21 ID:???.net
    ■ 日本の保守メディア、「韓日関係悪化の原因は韓国にあり」
    ■ 首脳会談の成果『慰安婦早期妥結』、「妥結内容と時期は予測できない」と批判
    (写真)
    no title

    ▲ 日本の安倍晋三総理が2日午前、青瓦台で朴槿恵(パク・クネ)大統領と首脳会談前の
       記念撮影直前に握手を求めている。
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    3年半ぶりに再開された韓日首脳会談で両国の首脳は『慰安部問題の早期妥結』に合意したが、
    多くの日本メディアは今回の首脳会談に対して鋭い批判を続けている。

    保守志向の読売新聞は3日、“日韓首脳会談 「未来志向」への道のりは遠い”という見出しの
    社説で、韓日関係が悪化の一路をたどったのは韓国のせいであり、日本の嫌韓感情を煽った
    のは朴大統領だと非難した。

    読売は、「両国関係の停滞の主な原因は韓国にある」とし、その原因を2012年8月の李明博
    (イ・ミョンバク)大統領の独島(竹島)訪問と日王への謝罪要求であると主張した。

    李大統領は2012年8月、韓国教員大学を訪問した席で、「(日王が)韓国を訪問したいなら、
    独立運動をして亡くなった方たちを訪ねて、心から謝罪すればいい」と述べ、これに対して
    日本政府は韓国に抗議している。

    読売は李大統領のこのような歩みと、韓日首脳会談の前提条件に慰安婦問題解決を掲げ
    続けた朴大統領が、日本の嫌韓感情拡散に拍車をかけたと説明した。

    これに加えて朴大統領の外交を『告げ口外交』と非難して、「他国要人の前で日本を批判する
    朴大統領の“告げ口外交”や、頑なな反日姿勢も、日本国民の嫌韓感情を煽るす悪循環を
    招いた」と主張した。朴大統領が韓日双方の問題を、アメリカなどの国際社会に持ち出して
    外部圧力を行使しようとした事が、日本国民の嫌韓感情を煽ったというのである。

    引き続き『慰安婦問題早期妥結』についても読売は、「慰安婦問題早期妥結の内容と時期は
    全く見通せない」と主張した。

    また、「朴大統領が慰安婦問題解決の判断を慰安婦に委ねる姿勢は無責任だ」と非難した。
    これは朴大統領が慰安婦解決について、「被害者が受け入れて国民が納得する水準で
    速やかに解決されなければならない」と述べた事についてである。

    読売は慰安婦問題について、「具体的な議論は外務省の局長級会談で行われるが、韓日
    双方の世論を背負って妥協点を見いだすのは容易ではあるまい」と予想した。

    また、朴大統領は日本に一方的な譲歩を要求せずに、韓国が何をするかを明確にすべきだ
    とし、その手始めに駐韓日本大使館近くに設置している慰安婦像の撤去を例にあげた。

    ソース:NAVER/ソウル=NEWSIS(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=003&aid=0006852330

    (読売の元記事)
    http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20151102-OYT1T50155.html

    引用元: ・【NEWSIS】読売新聞が朴槿恵政権外交を『告げ口外交』と非難・・・「日韓関係悪化は韓国にあり」[11/05]

    【何が告げ口だよ 悪口だろ 【NEWSIS】読売新聞が朴槿恵政権外交を『告げ口外交』と非難・・・「日韓関係悪化は韓国にあり」[11/05]】の続きを読む

    1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  ) 2015/05/11(月)12:41:32 ID:dQd
    読売新聞社の全国世論調査で、中国が主導して設立されるアジアインフラ投資銀行(AIIB)に、
    日本政府が米国と共に参加を見送っていることを「適切だ」と思う人が73%に達し、「そうは思わない」の12%を大きく上回った。

    安倍内閣を支持する人の中では、参加見送りを「適切だ」とする人が80%を占めており、
    内閣を「支持しない」と答えた人でも、「適切だ」は63%に上った。

    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150510-OYT1T50124.html

    引用元: ・【世論調査/読売新聞】アジア投銀(AIIB)、日本の参加見送り「適切」73%[5/10]

    【朝日は不適切と言いたいらしいが 【世論調査/読売新聞】アジア投銀(AIIB)、日本の参加見送り「適切」73%[5/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ