まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:謝罪

    1: まるっとニュー 2019/11/20(水) 22:43:36.50 ID:CAP_USER
    フィリピンの日本軍「慰安婦」被害者のナルシサ・クラベリアさん(89)が20日、「第1414回日本軍性奴隷制問題を解決するための定期水曜デモ」に参加し、「正義のために戦い続ける」と述べた。

    正義記憶連帯がソウル鍾路区(チ ンノグ)の旧日本大使館前で開いたこの日の集会には、「慰安婦」被害生存者のイ・ヨンスさん(91)とクラベリアさん、エステリータ・ディーさん(90、フィリピン)が参加し、日本に戦争犯罪を認め謝罪することを求めた。

    クラベリアさんは「これまでも日本がどんな謝罪をしたのか分からない」とし「韓国の学生たちが『慰安婦』問題の解決を支援してくれて感謝しているし、幸せだ」と述べた。

    正義記憶連帯のユン・ミヒャン理事長は「堂々と沈黙を破り、加害者を責めたイ・ヨンス、ジ、クラベリアさん、そしてこの場には参加できないが、私たちの前に一歩一歩人生を歩んでこられた日本軍『慰安婦』の生存者の皆さんを私たちの胸に英雄として仰ぎ、生きていくことができたら良いと思う」と話した。 

    https://japanese.joins.com/JArticle/259782
    ⓒ 中央日報日本語版2019.11.20 15:40

    引用元: ・【韓国】韓国水曜デモに参加したフィリピンの「慰安婦」「正義のために戦い続ける」「日本がどんな謝罪をしたのか分からない」[11/20]

    【今まで何してたの?バカなの? 【韓国】韓国水曜デモに参加したフィリピンの「慰安婦」「正義のために戦い続ける」「日本がどんな謝罪をしたのか分からない」[11/20] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/09/12(木) 09:37:26.52 ID:CAP_USER
    一色正春 @nipponichi8 19:53 - 2019年9月11日
    今、韓国が我が国に対して言っているのは
    「我々が捏造した歴史を黙って受け入れ、日本人に生まれたからには永遠に贖罪意識を持ち続けろ」
    「だから我々に歯向かうことは許さん「いくら謝っても永遠に許さんが謝罪と賠償は我々が許すまでやれ」
    「だからホワイト国に復帰させろ」
    というようなこと
    https://twitter.com/nipponichi8/status/1171738410349805569
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元: ・【一色正春】韓国の主張『日本人に生まれたら我々の捏造歴史を受け入れ、永遠に贖罪意識を持ち続けろ。永遠に許さんが謝罪と賠償はしろ』

    【つまり国全体で日本ヘイト、日本人差別【一色正春】韓国の主張『日本人に生まれたら我々の捏造歴史を受け入れ、永遠に贖罪意識を持ち続けろ。永遠に許さんが謝罪と賠償はしろ』 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/11/06(水) 09:20:26.01 ID:CAP_USER
    ※聯合ニュースの元記事(韓国語)
    漢陽(ハニャン)大教授 "慰安婦研究韓国学者など嘘つき" …学生会反発
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20191101129100004

    2019年11月1日、韓国・聯合ニュースは、漢陽(ハニャン)大学の韓国系米国人教授が講義中、慰安婦被害者に関して「不適切な発言」をし、学生が謝罪を要求していると伝えた。

    記事によると、この教授は「慰安婦を研究する韓国の歴史学者たちは定量的研究を活用せず、5~10人の最悪の事例に注目し、全慰安婦を一般化した」「民族主義的なうそつき」と批判した。

    また「慰安婦のようなセンシティブなテーマについて話すのなら、その数が何人だったのか、そのうちよくない待遇を受けたのは何人だったのかを明らかにすべきだ」とも述べたという。

    受講した学生からの情報提供により、当該学科の学生会は先月30日、「反省の態度と改善の意志がない」として、この教授に公式の謝罪を求めた。学生会との面会の席で、教授は「多様な方法論を示すべき講義で、慰安婦についての研究に言及しただけ」と返答したという。

    これについて学生会は「学問の多様性を掲げながら、旧日本軍慰安婦に対する偏向的な視点で、人権侵害的発言と歴史歪曲(わいきょく)を正当化している。被疑者に対する人権冒?(ぼうとく)だ」と批判している。

    また、英語で行われた同講義の音声を確保しており、校内人権センターなどを通じて問題を提起したという。

    記事によると、この教授は3年前にも「慰安婦被害者の言葉を無条件で信用するわけにはいかないし、日本政府だけの責任と見ることはできない」と主張し、大学から警告を受けていた。

    問題が再発したことを受け、大学側は「重く受け止めている。事実関係の確認に努めており、迅速に処理する」とコメントしているという。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは

    「大学の対応はいいと思う。再発がないよう、罷免を要求するべきだ。警告くらいではまたやるよ」
    「学生会はよくやった」「漢陽大の学生は賢いね」
    「こんな人が学生を指導していいのか」
    「多様な学問?複数の国に被害者がいて、たくさんの証言があって、存命の被害者もいるのに」
    「植民地時代、例えば慰安婦にお金を与え悪くない待遇をしていたとしても、そんなことは重要ではない。彼女たちに、仕事を拒否する選択権があったのか、自由があったのか、だ。こんな人が学者だなんて、腹立たしい」

    など、当該教授への批判と学生会への賞賛の声が殺到している。


    2019年11月5日(火) 21時0分
    https://www.recordchina.co.jp/b756671-s0-c30-d0144.html

    引用元: ・【韓国】 名門大の米国人教授が「慰安婦研究の学者はうそつき」と発言、学生会が謝罪要求 [11/06]

    【謝罪と名の付いた弾圧 【韓国】 名門大の米国人教授が「慰安婦研究の学者はうそつき」と発言、学生会が謝罪要求 [11/06] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/11/01(金) 02:33:50.08 ID:CAP_USER
    「銃・菌・鉄」の著者でピューリッツァ賞を受賞した米国UCLAのジャレド・ ダイヤモンド教授が韓日葛藤と関連して、日本はポーランドにひざまずいて謝ったドイツに学ばなければならない、と言いました。

    新刊「テビョンドン」(原題:Upheaval、邦題:危機と人類)を知らせるために訪韓したダイヤモンド教授は今日、梨花(イファ)女子高100周年記念館で開かれた記者懇談会で1970年ウイリー・ブラント、ドイツ総理がホロコースト慰霊塔の前でひざまずいた後、ポーランド人はドイツに心を開いたとし、日本の真正性ある謝罪を促しました。

    米・中貿易戦争と関連しては韓国は両国間に挟まった小さな国だが、かと言って必ずどちらか一方を選択する必要はないと述べました。米国は中国の浮上を恐れるが、中国は独裁体制なので誤った指導者を交替できない限界がある、とし今世紀が中国の世紀にはならないだろうと話しました。

    南北問題と関連しては首脳部の出会いを大々的に広報する方式ではなく、絶えず非公開的に全面的な水面下の交流を通じて信頼を積んだフィンランドとロシアの関係を参考にするよう薦めました。

    ダイヤモンド教授は最近、リーダーシップを研究しているとし、左右を離れて国民みんなで心を一つにし、誇りを持てるようにする人が良い指導者だと強調しました。

    イ・スンウン

    ソース:YTN(韓国語)ジャレド ダイヤモンド教授"日本、ひざまずいて謝罪したドイツに習わなければ"
    https://www.ytn.co.kr/_ln/0106_201910311538327994

    前スレ
    【韓国】 ジャレド・ダイヤモンド教授「日本、ひざまずいて謝罪したドイツに習うべき」★2[10/31]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1572527394/

    引用元: ・【韓国】 ジャレド・ダイヤモンド教授「日本、ひざまずいて謝罪したドイツに習うべき」★3[10/31]

    【見習うとこなんてねーのにw 【韓国】 ジャレド・ダイヤモンド教授「日本、ひざまずいて謝罪したドイツに習うべき」★3[10/31] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/11/01(金) 23:41:18.90 ID:CAP_USER
    [アンカー]120年余り前、日本軍討伐隊が全南(チ ンナム)羅州(ナジュ)で東学農民軍2千人余りを虐殺した事実を知っていますか?当時の日帝虐殺について日本人元老歴史学者が初めて謝罪しました。キム・エリン記者が報道します。

    [レポート]1894年、役人の不正腐敗と朝鮮を狙う日本勢力に対抗して憤然と立ち上がった東学農民運動。農民軍は羅州占領のために執拗に攻撃しましたが、ついに意図を成し遂げられないまま
    羅州に降りてきた日本軍討伐隊に追われることになります。

    日本軍は羅州に本部をかまえてチ ン・ボンジュンなど東学指導者を収監する一方、処刑場で2千人余りを虐殺しました。

    日本人元老史学者、井上勝生(いのうえ かつお)教授が東学農民軍の恨が漂う羅州を訪れ、当時の残酷だった討伐作戦について謝りました。井上教授は日本軍が最後まで抵抗する農民軍を銃刀で無慈悲に討伐したと頭を下げました。

    井上勝生/日本北海道大学名誉教授[録音]「残酷な討伐の歴史、そしてそれを発掘する責任を全うしないことについて日本人として深くおわび申し上げます。」

    国内研究者も日本元老教授の謝罪が羅州東学農民運動の意味を振り返る契機になると期待しました。

    パク・メンス/円光(ウォングァン)大総長[インタビュー]「帝国主義日本が私たち民族に加えた植民支配に対する責任と反省の中で最も内容が忠実な、そのような謝罪であり東学農民軍虐殺に対する責任を認める最初の謝罪だ」

    慰霊塔を建設しようという井上教授の提案に羅州市も共感しました。

    カン・インギュ/全南羅州市市長[インタビュー]「犠牲になった東学農民軍を慰める慰霊塔建設を韓日市民が手を握って一歩一歩進むことになります」

    全北中心に進められてきた東学農民運動記念事業が羅州を中心に全南地域でも本格化するのか注目されます。

    KBSニュース、キム・エリンでした。

    ソース:KBSニュース(韓国語)日本人教授、東学農民軍大虐殺歴史に「謝罪」
    http://mn.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=4314706

    引用元: ・【韓国】 「日本人として深くおわび申し上げる」~日本人教授、東学農民軍大虐殺の歴史を「謝罪」[10/31]

    【嘘吐き韓国がまたまた始めた 【韓国】 「日本人として深くおわび申し上げる」~日本人教授、東学農民軍大虐殺の歴史を「謝罪」[10/31] 】の続きを読む

    このページのトップヘ