まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:買春

    1: まるっとニュー 2020/01/25(土) 15:01:05.65 ID:CAP_USER
    2020.01.23 15:51
    http://www.topstarnews.net/news/articleView.html?idxno=723828

    買春費用を払い戻してくれないという理由で60代の女性店主を殺害した疑いなどで裁判に掛けられた30代男性に対して大法院が懲役30年を確定した。

    大法院2部(主審ノ・ジョンフィ大法官)はソ某(30)氏の強盗殺人及び死体損壊容疑などの上告審で懲役30年を宣告した原審を確定したと23日明らかにした。

    裁判部は「原審がソ氏に対して懲役30年を宣告したことは甚だしく不当であるとすることはできない」と判示した。

    ソ氏は去る2018年12月に売春店主人の60代女性Aさんを殺害して、現金を奪った疑いなどで裁判に掛けられた。またAさんの死体と売春場所に火を付けた疑いなどもある。

    ソ氏は売春店で代金を支払った後にこの店で働く60代女性Bさんと性関係を結ぼうとしたが、本人の問題でできなくなったことが調査された。これにソ氏はAさんに払い戻しを要求して、Aさんがこれを拒絶すると犯行を犯したことが把握された。

    1審は「ソ氏の殺害の動機は納得することが難しく、どのような理由でも被害者の生命侵害は決して正当化することはできない」として「被害者は想像することもできない残酷な死を迎えることになった」としてソ氏に対して懲役30年を宣告して、20年間の位置追跡電子装置付着などを命じた。

    2審も「ソ氏を長期間社会から隔離することで犯行に相応する厳重な責任を問い、ソ氏が自分の過ちを真心から懺悔して贖罪する時間を持つようにする必要がある」と1審判決を維持した。

    引用元: ・【韓国】買春代金の返還を要求して拒否されると店主殺害・放火…『猟奇殺人者』に懲役30年が確定[01/23]

    【いっこでも凶悪犯罪なのにフルセットとか【韓国】買春代金の返還を要求して拒否されると店主殺害・放火…『猟奇殺人者』に懲役30年が確定[01/23]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/01/28(火) 09:51:39.40 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ ウッドストック警察とGBIが逮捕したシン某(下段中央)を含む、児童への性犯罪者6人。
    _______________________________________________________

    ジョージア州アトランタに住む韓人(コリアン)と見られる男を含む5人が、児童買春の容疑で起訴された。

    アトランタ・ウッドストック警察は去る24日、オンラインの性犯罪者を対象に行った偽装潜入捜査の結果、ニューナンに住むシン某(マーク・シン=38歳)をはじめ、ドーソンヴィルに住むジェイソン・ブライアン・メジャー(33歳)、アトランタに住むロバート・ジョーンズ(37歳)とギャレット・ヒック(21歳)、カントンに住むブライアン・コメス(24歳)などの児童への性犯罪者5人を現場で逮捕したと明らかにした。これらは16歳未満の少女を対象に児童搾取、性醜行(児童虐待)のための犯罪的接近、わいせつ目的の児童誘惑などの容疑で起訴された。現在は拘束なしでチェロキー郡刑務所に収監されている。

    その後、アラバマ州ギャズデンに住むデビッド・ネルソン(63歳)をコンピュータポルノ、児童搾取、児童虐待未遂などの容疑で逮捕した。

    ブリタニー・ページ報道官は、「これらが16歳未満の少女たちに会うために到着した所、捜査官が潜入して検挙に成功した」と明らかにした。

    ソース:米州中央日報(韓国語)
    http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=7970234

    引用元: ・【米国】韓人(コリアン)と見られる男が児童を買春[01/28]

    【相変わらず成りすまし【米国】韓人(コリアン)と見られる男が児童を買春[01/28]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/10/31(木) 08:33:59.61 ID:CAP_USER
    ベトナムで買春した韓国人男性9人が現地警察の大々的な取り締まりで摘発され、国際的な亡身(恥)を晒した。

    30日、ベトナムのホーチミン駐在総領事館によれば、去る27日の午前1時頃(現地時間)、ホーチミン市内の韓国人が運営するカラオケ(風俗店)2か所に現地警察10人余りが押し寄せた。

    警察は接待婦(ホステス)と顧客名簿を確保して、これらが向かったホテルを封鎖した後、韓国人の男性観光客9人を売春容疑で逮捕した。

    被疑者は同日午後まで取り調べを受けた後釈放され、31日までに全員帰国する予定である。

    警察はまた、カラオケを管理していた韓国人女性2人も逮捕して、取り調べていることが分かった。

    ベトナムの刑法では性売買をして摘発された場合、50万~100万ドン(約2,350~4,700円)の罰金が科せられ、売春を斡旋した場合は懲役5~10年の型が宣告される。

    (写真)
    https://img5.yna.co.kr/photo/cms/2019/07/07/10/PCM20190707000110084_P4.jpg
    ▲ ホーチミン市内の景色

    ソース:ハノイ=聯合ニュース(韓国語)
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20191030198400084

    引用元: ・【越南】『アグリーコリアン』~ベトナムで買春した韓国人男性9人摘発=国際的恥さらし[10/31]

    【まーたライダイハン増やしてるのか【越南】『アグリーコリアン』~ベトナムで買春した韓国人男性9人摘発=国際的恥さらし[10/31] 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/07/11(水) 08:13:39.65 ID:CAP_USER
    (写真)
    https://imgnews.pstatic.net/image/025/2018/07/11/0002835372_001_20180711063526041.jpg
    ▲ 写真は記事と無関係です。
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    一山(イルサン)のオフィステル(事務所+宿泊施設)で性売買をしていた男性がSEXの途中、泡を吹いて死亡した。京幾(キョンギ)一山東部警察署によれば10日の午前0時頃、高陽市(コヤンシ)一山東区の某オフィステルで、49歳の男性が意識を失ったという119申告が受理された。

    Aさんは買春をするためにこのオフィステルを訪れ、B(25歳・タイ人女性)とSEXの途中、泡を吹いて意識を失った事が調査で分かった。意識を取り戻せずに死亡したAさんは最近、心臓手術を受けた事が分かった。

    Aさんが倒れるとすぐにBは売春事業主のC(45歳)に連絡、Cが119申告をした。警察は現場でBとCを売春特別法違反の容疑で逮捕、経緯を取り調べている。

    警察は犯罪被害の可能性は低いと見ているが、正確な死亡原因を突き止めるためAさんの解剖検査を国立科学捜査研究院に依頼したと明らかにした。また、BとCの売春関連の容疑に対しても捜査を拡大する計画である。

    ソース:NAVER/中央日報(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=025&aid=0002835372

    引用元: ・【韓国】買春男性がSEXの途中、泡を吹いて死亡(高陽)[07/11]

    【【韓国】買春男性がSEXの途中、泡を吹いて死亡(高陽)[07/11] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/16(月) 03:00:01.27 ID:CAP_USER
    買春の疑いで立件された警察官(義務警察を含む)が過去10年間で100人を超えた。警察庁が正しい政党所属の国会議員に提出した資料によると、2007年から今年5月までに売買春処罰法、児童青少年性保護法違反で立件された警察官は114人だった。

    特に昨年は34人を数え、14年の4人、15年の5人に比べ急増した。今年も1-5月に3人が立件された。

    地域別ではソウル地方警察庁所属の警察官が17人で最多で、仁川地方警察庁(16人)、慶南地方警察庁(14人)、京畿地方警察庁(10人)、釜山地方警察庁、忠南地方警察庁(各8人)が続いた。

    正しい政党の洪哲鎬(ホン・チョルホ)国会議員は「内に甘い警察文化があるため、訴請審査(異議申し立て)制度などを通じ、職場復帰するケースも多い」と指摘した。

    イ・ジュンウ記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/13/2017101301656.html

    引用元: ・【韓国】買春で立件された韓国警察官、過去10年で114人[10/16]

    【【ソウルが最多】買春で立件された韓国警察官、過去10年で114人】の続きを読む

    このページのトップヘ