まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:購入

    1: まるっとニュー 2020/06/03(水) 10:00:46.04 ID:CAP_USER
    1日(現地時間)午後4時、米ロサンゼルス(LA)のコリアンタウンにあるギャラリアデパートの前。 普段ならショッピング客で混み合うが、軍兵たちがいて緊張感が漂った。

    防弾ヘルメットと小銃で武装した彼らは、2人1組で街角に立った。ショッピングモールの入口は5人が警備した。万一の事態に備えて、3台の軍のトラックがショッピングモールの近くで待機した。コリアンタウンをパトロールする軍用車もあちこちで目についた。

    米国の人種差別抗議デモが1週間続き、在米韓国系社会の緊張が高まっている。同日、LAコリアンタウンには、州軍が投入された。商店の略奪を阻止し、治安を維持するためだ。LA韓国人商工会議所と総領事館が州軍を要請したことによる。

    同日午後1時半頃、LAカウンティ、LA警察、LA韓国人会など約40人は、オンラインテレビ会議を開き、警備対策について話し合った。LA警察は、「私たちが守る」と心配しないよう呼びかけた。

    しかし、不安が勝り、銃を購入する韓国系が増えている。同日訪れたコリアンタウン近隣のガンショップには10人ほどが列をつくって入場の順を待っていた。1992年の「LA暴動」が在米韓国系社会に深いトラウマを残したためだ。

    当時、黒人と白人の人種対立の火の粉が在米韓国系社会に飛んだのだ。怒った黒人が、韓国系商店約2300店を略奪し、コリアンタウンの9割が破壊され、3億5千万ドルの被害を受けた。

    米警察は近隣のビバリー・ヒルズやハリウッドなど裕福な白人が暮らす地域だけを保護した。このため韓国系は直接銃を取って生活の基盤を守った。

    当時、LA暴動を経験した人は、「暴徒は極限状況になればすべて奪っていく。そのため、昔(LA暴動)を経験した人は銃を買おうとする」と説明した。

    米国で40年間暮らしたというパク・ジョンスンさんも、「韓国人があの時(1992年)武器を求めた」とし、「今もあの時と状況は全く同じだ」と心配した。一方、ある70代の韓国系は、「昔と違って国が守ってくれるので安心している」と話した。

    対策会議で、デイヴィッド・リュLA市会議員は、「銃は状況を悪化させる恐れがある。私たちはいかなる状況でも命を失うことを望まない」とし、銃の購入を控えるよう呼びかけた。LAカウンティと在米韓国人会では銃購入の自制を求めた。

    外交部によると、2日現在までに集計された韓国系商店の被害は計79件で、前日(26件)より3倍以上に増えた。都市別には、フィラデルフィア50件、ミネアポリス10件、ローリー5件、アトランタ4件など。韓国系の人命被害は確認されていない。

    李泰鎬(イ・テホ)外交部第2次官は、在外国民保護対策本部テレビ会議で、「非常連絡網を維持し、韓国系密集地域の司法機関との治安協力強化などの対策を準備し、在外国民の被害予防および被害の救済に万全を期す」ことを呼びかけた。


    June. 03, 2020 08:31
    https://www.donga.com/jp/home/article/all/20200603/2080829/1/

    引用元: ・【東亞日報】 LA暴動の再演を恐れて銃を購入する在米韓国人 [06/03] [荒波φ★]

    【弱者への暴行に躊躇しない性格】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/03/15(日) 22:42:45.44 ID:CAP_USER
     2020年3月15日、世界的にマスクの不足は解消できていない。本業とするマスク工場がフル稼働し、異業種のシャープの液晶パネル工場でさえマスク製造に参入しているというのに、なぜマスクがないのか。国と国、都市と都市が備蓄マスクを送り合っているが、それが多くの市民の手に渡って助かっているという報道もない。

     近く日本のネット販売で、中国の工場から週に2万枚入荷するマスクを原価で販売するというが、3枚の使い捨てマスクが送料を入れて500円。こんなにマスクがなくなる前の原価は、50枚1箱で200円~250円だったのに、いつ原価が3枚単位になったのだろう。送料はブラックボックスだが、普通にドラックストアで買えない買い物弱者向けの純ボッタクリ価格と言えそうだ。

     韓国ではさらに酷い事態だ。健康保険や身分証のない難民や・移動労働者は、公的マスク購入から除外されている。確かに「純粋な韓国人」だけにマスクが行きわたることが国是なのかもしれない。それでも「純粋でない韓国居住者」もまた、新型コロナウィルスの中で共に生活をしているのだ。

     韓国では今、生まれ年基準で曜日ごと5日に1回マスクを二つ買うことが出来るという。しかし、難民申請してその結果を2年もの間待っている家族は買うことが出来ない。景気悪化で職場から解雇され、家賃と公共料金すら払う金もない状態でもだ。

     韓国政府は、2020年3月9日から公的マスク販売5部制を施行し、住民登録証や外国人登録証などで身分を立証できない難民や未登録移住労働者がマスクの購入から疎外されている。

     また、登録された外国人滞在者も健康保険加入している人にだけ公的マスクは販売されている。これでは、防疫に問題は確実に生じる。

     韓国に居住する未登録滞在外国人は昨年末で39万人に達している。難民申請者は2万~3万人。密入国している人も絶対数居る。

     外国人滞在者は250万人のうち、健康保険に加入しているのは、125万人程度。半分だ。6カ月以上滞在しないと加入できない。短期滞在者67万人や外国人留学生10万人はマスクを買うことが出来ない。

     不平等であればあるほど、防疫網から排除された人がいるほど、感染症に脆弱な社会になる。

     「純粋な韓国人」だけマスクをしても、まったく意味のない話が、今起こっている。

    Global News Asia
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw6831625


    2020/03/15 13:15

    引用元: ・【差別の多い韓国】マスク不足の中でも改めない政治の鈍感 健康保険や身分証のない難民や・移動労働者は、公的マスク購入から除外[3/15]

    【日本は優しすぎるね! 【差別の多い韓国】マスク不足の中でも改めない政治の鈍感 健康保険や身分証のない難民や・移動労働者は、公的マスク購入から除外[3/15]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2020/01/30(木) 23:38:26.36 ID:CAP_USER
    韓国籍で風俗店従業員の劉泰範(ユ・テボム)容疑者(26)は、自身が勤める東京都内の風俗店で、客からクレジットカードを受け取った際に、カード情報を不正に盗み出し、このカード情報で35万円相当の高級自転車を購入した疑いが持たれている。

    劉容疑者は、同様の手口で犯行を繰り返していたとみられ、警視庁は被害総額が1,000万円にのぼるとみて調べている。

    (フジテレビ)
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200130-00431267-fnn-soci

    1/30(木) 19:37

    引用元: ・【風俗店従業員】韓国人の男逮捕 カード情報盗み自転車を購入[1/30]

    【有りがち 【風俗店従業員】韓国人の男逮捕 カード情報盗み自転車を購入[1/30]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/11/18(月) 20:56:26.38 ID:CAP_USER
    アパートに無断で忍び込んでいました。他人のカード情報で買った掃除機、30万円相当を受け取ろうとした疑いです。

     中国籍の李智剛容疑者(46)は16日、東京・福生市のアパートの空き部屋に侵入した疑いが持たれています。警視庁によりますと、李容疑者は住人のふりをして通信販売で届いた掃除機3台、約30万円相当を受け取ろうとしていました。掃除機は他人のカード情報で購入されていました。受取人は日本人の名前でしたが、李容疑者の言葉が片言だったことから配送業者が不審に思い通報しました。李容疑者は「アパートに行ってない」などと容疑を否認しています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191118-00000037-ann-soci
    11/18(月) 17:55配信 記事元 テレ朝news

    引用元: ・【社会】カタコト日本語に不審…住人のフリして他人のカード情報で掃除機購入 中国籍の男(46)逮捕-東京・福生市[11/18]

    【単独の犯罪じゃないよな 【社会】カタコト日本語に不審…住人のフリして他人のカード情報で掃除機購入 中国籍の男(46)逮捕-東京・福生市[11/18] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/08/15(木) 06:09:51.41 ID:CAP_USER
    8/15(木) 5:39配信 共同通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000009-kyodonews-int
     【パリ共同】中止に追い込まれた愛知県の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」で展示された元従軍慰安婦を象徴する少女像をスペインの実業家が購入したことが14日までに分かった。北東部バルセロナに自ら開く計画の美術館に展示する予定。スペイン通信などが伝えた。

     購入したのはジャーナリスト出身で映像関連企業を共同経営するタチョ・ベネット氏。世界各地で政治や倫理などさまざまな理由で展示できなくなった芸術作品を収集しており、愛知の企画展中止の話を聞き、制作した韓国人彫刻家に直ちに連絡して購入したという。価格は明らかにしていない。

    引用元: ・【表現の不自由展】スペインで少女像展示計画 愛知中止受け現地の実業家が購入[08/15]

    【金になるから 嫌がらせ 【表現の不自由展】スペインで少女像展示計画 愛知中止受け現地の実業家が購入[08/15] 】の続きを読む

    このページのトップヘ