まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:軍艦島

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/09(水) 10:57:25.13 ID:CAP_USER
     「慰安婦問題のデタラメ」を告発する手紙を2年前、米ケネディ駐日大使(当時)宛てに書いた、在米の韓国系アメリカ人古老が再び、憤っている。先月上旬、韓国映画『軍艦島』公開前に米ニューヨーク・タイムズスクエアの電光掲示板で流された「軍艦島は地獄島」などとした意見広告のことだ。

     それは、世界で最も広告料が高いという“ひのき舞台”で日本のイメージを意図的におとしめるだけでなく、事実を歪曲(わいきょく)した反日宣伝だった。

     7月27日付産経新聞はソウル発の記事で、映像に使用された写真は「朝鮮人徴用工」ではなく、日本人であり、場所も軍艦島ではなかったことが判明。映像製作に関わった韓国の大学教授も誤用を認めたことを報じている。

     古老は「『慰安婦問題のウソ』をばらまいたのと同じやり方だ。今度は『軍艦島(の徴用工問題)』でひと旗上げるつもりなのだろう。もはや韓国では“産業”と化している。騒げば騒ぐほどお金が集まり、政治的な勢力は強くなる。(韓国で公開中の)映画の内容もひどい。史実とはかけ離れています」と話す。

     古老は90歳近い。日本統治時代の朝鮮に生まれ、教育を受けた。戦後、韓国の名門大を卒業、渡米して帰化し、在米の大手企業に勤めた。民族に反逆する気も政治的な意図もないが、当時を知る者として「事実に反すること」が流布されているのが許せない、と匿名ながら発言を続けている。

     「朝鮮に徴用令が適用されたのは昭和19年9月以降のわずかな期間でしかない。日本はなぜ『事実でないこと(反日宣伝など)』を止めようとしないのか? (慰安婦問題のように)芽が出て根を張って幹が大きくなる前に動かないと手遅れになってしまう」

    □  ■

     もうひとり、当時の朝鮮での「徴用」の真実を知る日本側の古老がいる。朝鮮総督府の元官吏で和歌山県在住の西川清さん。先月末で102歳になった。郡の内務課長として、戦時動員として行われた朝鮮人内地移送計画(昭和14年~)に直接タッチした人である。

     計画は時期によって「募集」→「官斡旋(あっせん)」→「徴用」と制度が変わったが、西川さんによれば、(朝鮮に徴用令が実施された)昭和19年以前から「徴用」と呼んでいたという。

     「殴る蹴るで強制的に動員したことなど絶対にない。給与などの条件を説明し、納得した上で内地へ行った。待遇だって悪くなかったと思うし、応じなくても(徴用令以前は)罰則はありませんでした」

     当時、内地へ渡った多くの朝鮮人は、仕事を求め、自分の意思で行ったのが事実である。強制力が伴う「徴用」は、戦時下という非常時の労働動員であり、もちろん日本人にも適用されていたし、給与も支払われていた。

     統治時代の朝鮮に近代教育制度を築いたのは日本である。当時の旧制中学校で学んだ人たちも当時を知る者として動き始めた。

     平壌一中出身の長尾周幸(かねゆき)さんは昭和5年生まれ。数え年で88歳になる。今月中に発行を予定している同窓会誌の中で『“従軍慰安婦”虚報払拭のための朝鮮在住者の意見具申書』と題し、OBに「慰安婦問題の真実」についての証言を募集することにした。

     同様の動きは、別の朝鮮の旧制中学同窓会でも出ている。

     韓国系アメリカ人古老はいう。「(自分たちが)見たことも聞いたこともないウソがまかり通っていると、みんな墓場へ行く前に事実を証言すべきだ。もはや、ふとんをかぶっている場合じゃありませんよ」(喜多由浩)



    【プロフィル】西川清
    にしかわ・きよし 大正4(1915)年生まれ。日本統治下の朝鮮へ渡り江原道産業部に就職。朝鮮総督府地方官吏養成所へ入所し、28歳の若さで寧越郡内務課長に就任。著書に『朝鮮総督府官吏最後の証言』(桜の花出版編集部)。

    http://www.sankei.com/column/news/170809/clm1708090007-n1.html

    no title

    韓国映画「軍艦島」のパンフレット
    no title

    元朝鮮総督府官吏の西川清さん=今年6月(喜多由浩撮影)

    引用元: ・【歴史戦】事実歪曲「軍艦島広告」に憤り 韓国系アメリカ人古老、再び 真実告発へ動き出す旧制中同窓会[8/09] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本政府は仕事しろ】「『慰安婦問題のウソ』をばらまいたのと同じやり方」事実歪曲「軍艦島広告」に憤りの韓国系アメリカ人古老】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/03(木) 08:02:03.58 ID:CAP_USER
    最近日本からカカオトークのメッセージを受け取った。中国大連外国語大のキム・ウォルベ教授からだ。北九州大の招きで安重根(アン・ジュングン)義士の特講を終えた彼は、先月28日に軍艦島(端島)を訪ねた。小学校6年生の息子と一緒だ。

    日帝の韓国人徴用現場を息子に見せてあげたかった。彼は訪問前日にインターネットを通じて予約を入れた。韓国の住所も入力した。ちょうど韓国で映画『軍艦島』が公開された直後だった。

    探訪当日、キム教授は青色の名札を手渡された。日本人は緑色だった。その日午前9時、軍艦島行きのクルーズに乗船した人は40人余り、そのうち4人は韓国人だった。

    軍艦島は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、人類の普遍的価値を認められたという意味だ。ところがなぜ名札の色で国籍を分けなければならないだろうか。

    キム教授は「予想外だった。管理されているような感じ」と話した。キム教授が送ってきた写真50余枚にも目を通した。日本明治時代産業革命の現場を見ることができた。

    軍艦島の近くの高島石炭資料館にあるハングル年表の最後の一節は「1974年1月15日、端島坑閉山。同年4月20日に無人島になって今に至る」。韓国人徴用の事実はどこにもなかった。

    2年前の世界遺産登録当時、関連事実を示すようにとするユネスコ勧告を履行しないでいる日本だ。キム教授は「現場ガイドも日本の近代化だけに触れて、海底1000メートルの中の朝鮮人の悲しみはただの一行も紹介しなかった」と伝えた。

    2日、全国観客動員500万人を超えた映画『軍艦島』の興行には日本の厚顔無恥に対する反感が作用したようだ。映画マーケティングもこの部分を全面に出している。それでも鑑賞後、虚しさを覚えた。

    「アクションの大家」リュ・スンワン監督が急ごしらえした悲劇の現場は極めて表面的だ。スクリーン寡占、反日・親日映画論争は二の次として、全般的な説得力に欠ける。何よりもキャラクターの常套性のためだ。

    スター軍団が出動した『軍艦島』の純製作費は220億ウォン(約21億7000万円)。予算をかけた分は取り返さなくてはならない商業映画の興行要素は理解する。だが、いわゆる地獄島を脱出しようとする彼らの言葉やしぐさがあまりにもいかにもすぎて…。

    歴史に対する過剰被害意識に映った。私たちの中にもう一つの「軍艦島」を作ってしまったかもしれない。日本に手本を見せるにはもう少し注意深くあるべきだった。もう少し深く考えるべきだった。

    パク・ジョンホ/論説委員

    【噴水台】韓国の中の「軍艦島」
    http://japanese.joins.com/article/963/231963.html

    引用元: ・【中央日報】私たちの中にもう一つの「軍艦島」を作ってしまったかもしれない。日本に手本を見せるにはもう少し注意深くあるべきだった [無断転載禁止]©2ch.net

    【【どっちが厚顔無恥なんだか】中央日報「映画『軍艦島』の興行には日本の厚顔無恥に対する反感が作用した」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/02(水) 21:33:13.31 ID:CAP_USER
    【釜山聯合ニュース】日本による植民地時代に端島炭坑(軍艦島、長崎市)に強制徴用された朝鮮半島出身者を題材にした韓国映画「軍艦島」(原題)が公開から8日で観客動員数500万人を突破する大ヒットを記録するなど韓国で強制徴用問題に注目が集まる中、強制徴用の実態を記録してきた韓国人写真作家と、同作家を10年にわたり支えてきた日本人が話題となっている。

    no title

    写真作家のイ・ジェガプさん(手前)と木村英人さん=(聯合ニュース)

     釜山市内で写真展「軍艦島-隠された真実」を開催するイ・ジェガプさんは強制徴用の実態を20年間写真で記録してきた。そのイさんが「強制徴用の跡を訪ねるたびに私を手伝ってくれた同志」と紹介するのが長崎の活動家、木村英人さんだ。

     木村さんは、イさんが軍艦島で撮影する際に同行し、撮影を手伝った。

     今回の写真展では軍艦島の写真だけでなく、長崎平和資料館が所蔵する朝鮮半島出身者の強制労働の実態に関する資料が展示されているが、この資料を借り受ける際も木村さんが尽力したという。

     展示された資料には軍艦島で死亡した朝鮮半島出身者の死因などが記録された名簿もあり、ほとんどが圧死したと記されている。

     木村さんは、強制徴用された人たちに対しやるせない気持ちを持っていたとし、この事実を韓国人にも伝えたかったと話した。

     写真展「軍艦島-隠された真実」は場所を移し、14日から11月30日まで釜山の国立日帝強制動員歴史館で公開される予定だ。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/08/02/0200000000AJP20170802004600882.HTML

    引用元: ・【韓国】釜山で強制徴用の実態伝える写真展 韓国人写真家と日本人が協力[8/02] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【馬鹿げた嘘の宣伝工作】「軍艦島-隠された真実」釜山の国立日帝強制動員歴史館で強制徴用の実態伝える写真展 韓国人写真家と日本人が協力】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 12:57:58.42 ID:CAP_USER
    日本帝国主義による強占期に端島炭鉱に徴用された朝鮮人を題材にした映画「軍艦島」(柳昇完監督)は、公開5日目となる30日、約400万の累積観客を動員した。歴代最多観客動員の「鳴梁(ミョンリャン)」に比べられる勢いの興行成績だ。しかしネット上のリビューは大方冷めている。ポータルサイトのネットユーザーの採点は、10満点に平均5点に及ばない。(観客評点は7点台)

    論点は映画が「クッポン(国粋主義やナショナリズムに酔いつぶれていることを批判する言葉)」という批判だ。甚だしくは、ポータルサイトで「クッポン」を入力すると関連検索ワードに「軍艦島」が表示されるほどだ。日本政府の官房長官や韓国外交部の報道官まで同映画を取り上げて、それぞれ「この映画は創作物だ」「歴史的事実に基づいている」と刺々しい言葉を交わした。

    大企業によるスクリーンの独占・寡占を巡る議論も続いた。CJエンターテインメントが配給する同映画は、29日だけで2019のすくーりんで1万808回上映された(上映占有率55.8%)。映画「軍艦島」について、映画評論家のチョン・ジウク氏(50)、観客のクァク・ジユンさん(27=大学院生)、チョ・ジョンヨプ、チャン・ソンヒ両文化部記者が28日、映画の中で議論を呼んでいる問題に迫った。

    ▼クァク・ジユン〓見ている間、とくに退屈したことはないが、あっちこっちで見た常套的な要素が溢れていた。まさに興行だけを狙った映画と言うか。

    ▼チョン・ジウク〓典型的な人物や善悪の構図で商業映画の典型を見せている。監督の名声を考えると、凡作かな?チェ・チルソン(ソ・ジソプ扮)、エイバ(イ・ジョンヒョン扮)のラブライン、イ・ガンオク(ファン・ジョンミン扮)とイ・ソヒ(キム・スアン扮)の父娘が多様な年齢層にアピールできるし、ソン・ジュンギ(光復軍所属特殊要員のパク・ムヨン役)の人気を考えても興行は成功しそうだ。

    ▼チョ・ジョンヨプ〓導入部の端島炭鉱の坑道の表現が印象的だったが、そこで終わっている。ネット上には「高が知れている半日映画」という酷評が多い。軍艦島という題材だけを取っただけで、歴史的事実や強制徴用者の苦労の表現は後回しになり、虚構である大規模の脱出劇と銃撃戦だけが浮き彫りになっているというのだ。観客のレベルは高い。

    ▼チョン〓周辺の反応は良かったけどね。ただ人物の変化が予測可能で、それさえも途切れ途切れになる感じだった。

    ▼チョ〓「悪い朝鮮人」を入れることで二分法を超えようとしたというけど、そのためにもっと悪辣だった日本帝国主義の強制動員の真相が見えなくなる感じだ。二分法を超えるためには「悪い朝鮮人」を強調するより、むしろ「善良な日本人」が必要だったのではないか。日本人の労務者が朝鮮人の脱出を見逃すカットが一つあるだけだった。


    続きます。
    http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/1012074/1
    Posted July. 31, 2017 09:41

    引用元: ・【東亞日報】「高が知れた半日映画」「強制徴用問題への関心を呼んだ」 映画「軍艦島」を解剖する[7/31] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本を攻撃する材料になりゃ満足】映画「軍艦島」を見た韓国人「軍艦島を知らない観客が殆ど。強制徴用問題への関心を呼んだ。それだけでも高く評価」】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/07/31(月) 23:48:25.57 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】長崎市の「端島炭坑」を舞台にした韓国映画「軍艦島」(原題)の特別試写会がフランス・パリで28日(現地時間)、国連教育科学文化機関(ユネスコ)本部の関係者とパリ駐在の外交官を対象に開かれた。配給会社のCJエンタテインメントが31日伝えた。

     この日の試写会ではユネスコ韓国政府代表部の李炳鉉(イ・ビョンヒョン)大使をはじめ、ユネスコ世界遺産委員会の委員国であるクウェート代表部大使、トルコ代表部次席などユネスコ側の関係者と、韓国の尹琮源(ユン・ジョンウォン)経済協力開発機構(OECD)代表部大使、パク・ジェボム駐仏韓国文化院長などフランス駐在の韓国外交官約30人が出席した。

     配給会社は「ユネスコ世界文化遺産に登録された軍艦島の隠された歴史を世界に伝えるため、ユネスコ本部があるフランス・パリで今回の行事を行った」とし、「軍艦島での(朝鮮人の)強制徴用など歴史全体を記憶するための措置を求めたユネスコの勧告を日本が履行していないことについて、国際社会の関心を促したかった」と説明した。

     映画を観賞した李大使は、「ユネスコ勧告事項の履行を日本側に促すよう努力中だ」と述べた。ユネスコクウェート代表部の大使は「韓日関係を含む国際的素材を扱っており、アラブ圏などグローバル市場でも関心を持つことができる映画だ」とし、「完成度が世界レベルで、リアリティー溢れる演出が引き立った」と感想を伝えた。

     「軍艦島」は25日にも、ソウル市内の映画館で駐韓外交官約160人を対象に特別試写会が開催された。

     参加者らは「デリケートな素材をパワフルな映画にした勇気を尊敬する」(タイ大使)、「全世界で公開し、多くの人にこのような強制徴用の事実があったことを広めてほしい」(イラク大使館書記官)などの反応を見せた。

     6月までに113カ国・地域に販売された同作は、7月に入って販売先を155カ国・地域に伸ばした。

     現在、北米地域とタイ、ミャンマー、インドネシア、香港、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、シンガポール、マレーシア、台湾、ベトナム、フィリピンで8月の封切りが確定した。

     「軍艦島」は、日本による植民地時代に端島炭坑に強制徴用された朝鮮人が命がけで島を脱出しようとする姿を描いた作品。2015年に「ベテラン」で1340万人を動員したリュ・スンワン監督がメガホンを取り、ファン・ジョンミン、ソ・ジソブ、ソン・ジュンギ、イ・ジョンヒョンなどが出演して話題を集めている。

    聯合ニュース


    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/31/2017073101941.html
    記事入力 : 2017/07/31 15:10
    ※前スレ
    【ユネスコ本部/仏で】韓国映画「軍艦島」 パリで外交官向け試写会=国際的関心訴え[7/31]
    http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1501487138/

    引用元: ・【ユネスコ本部/仏で】韓国映画「軍艦島」 パリで外交官向け試写会=国際的関心訴え[7/31] ★2 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【コリア外交官は事実として見せるの】ユネスコ韓国政府代表部大使が出席「軍艦島の隠された歴史を世界に伝える」韓国映画「軍艦島」パリで外交官向け試写会】の続きを読む

    このページのトップヘ