まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:軍艦島

    1: ■忍法帖【Lv=11,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/12/04(月)11:18:46 ID:???
    櫻井よしこ 美しき勁き国へ

     過ちがあれば認め、しかし、冷静に事実に沿って主張するのが王道だ。王道を歩むことで日本は歴史戦解決の道を開くことができるだろう。

     そう確信したのが10月末の勝利だ。中韓など8カ国・地域が慰安婦関連資料を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」に
    登録しようとしたのを日本は阻止した。

     「南京大虐殺」を世界の記憶に登録されるなど、歴史戦で敗北を重ねた日本だが、この奇跡的な勝利は
    安倍晋三首相の強い決意の下、初めて日本が国家として事実に基づいて闘った結果だ。ユネスコも歴史問題も
    政治利用されてはならないと、正論を説き世界を説得したからだ。(中略)

     私の手元に「『明治日本の産業革命遺産』と強制労働」という88ページのガイドブックがある。
    11月末に神戸市の「強制動員真相究明ネットワーク」と、韓国の「民族問題研究所」が発行した。
    日韓の反日左派勢力の協力の背後に韓国政府の支持があるとみてよいだろう。
     彼らの非難に向き合い闘う気持ちがあれば、こちら側には、後述する信頼性の高い反論の材料がある。
    それらを活用して日本国の名誉を守る気概が外務省にあるか。(中略)

     産業革命遺産の一部、長崎県端島(はしま)、通称「軍艦島」は「地獄島」で、「朝鮮人は劣悪な労働条件と
    暴力の中で死闘の毎日」を過ごし、「ゴムのチューブで皮膚が裂けるほど叩かれ、拷問」されたとも記されている。
    この証言者、崔璋燮(チェチャンソプ)氏は1943年から終戦まで重労働させられたが「賃金をもらったことがない」とも語っている。

     これらのコメントの多くは『軍艦島に耳を澄ませば』(社会評論社)などによる。「長崎在日朝鮮人の人権を守る会」が
    まとめた右の書には反日歴史戦で度々名前の挙がる岡正治氏、高實康稔氏、柴田利明氏らが著者として名を連ねる。(中略)

     給料が支払われなかったとの非難には、「必ず給料日には並んでもらいにきとった、判もって」
    「朝鮮の人なんかはもうみんなその頃は炭鉱が(好)景気で、よそから来ますから、家族連れで」と、ふりかえる。

     注目したいのは同サイトに韓国から多くのアクセスがあることだ。旧島民の証言に向き合う「強制徴用労働者像建設に反対する会」の人々もそうだ。

     彼らは、徴用工の像を設置して声を荒らげることが、むしろ事実を隠してしまうとして、像の設置を急ぐ
    「日帝強制徴用労働者像建設推進委員会」(推進委)に公開討論を申し入れた。推進委には韓国2大労組委員長、
    挺身隊(ていしんたい)問題対策協議会代表の尹美香(ユンミヒャン)氏など左派勢力が名を連ねる。
    こうした論争が韓国に生まれたこと自体、国民会議がウェブサイトを開いて情報発信した結果であろう。

    (以下略)

    産経web/2017.12.4 05:00
    https://www-sankei-com.cdn.ampproject.org/c/www.sankei.com/politics/amp/171204/plt1712040003-a.html

    引用元: ・【軍艦島/歪曲問題】事実は正直だ 軍艦島旧島民の証言録の一日も早い公開を [H29/12/4]

    【【最初からこうすべき だったんだよな。 】事実は正直だ 軍艦島旧島民の証言録の一日も早い公開を 【軍艦島/歪曲問題】】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/09/11(月) 08:13:32.47 ID:CAP_USER
    9/11(月) 7:00配信
    NEWS ポストセブン

    韓国人観光客が増加する軍艦島

     日本軍に強制徴用された朝鮮人炭鉱夫の悲劇を描く映画『軍艦島』が、今年7月、韓国で封切られた。観客動員数は公開からわずか10日で600万人を突破した。映画の内容は荒唐無稽の一言に尽きる。

    ──戦争末期の1945年3月、海底炭鉱で栄える長崎県の端島(はしま、通称・軍艦島)に、日本軍によって強制徴用された朝鮮人が次々と連行されてきた。炭鉱に送られた男たちは劣悪な環境下で日々、死と隣り合わせの過酷な採炭作業に従事する。

     ミスをすれば凄惨な暴行を受け、島から脱出を試みた者は容赦なく殺害された。やがて坑内で大事故が発生し、多くの朝鮮人が命を落とす。彼らの死亡保険金は炭鉱会社が受け取る仕組みになっていた。一命を取りとめた朝鮮人の暴動を恐れた炭鉱会社幹部は、坑道を塞ぎ生存者を殺害。遺体は島の一角に無造作に積まれ焼かれた。

     そして8月、広島に原爆が投下されると、敗戦を悟った炭鉱会社幹部らは、口封じのため島内にいる全ての朝鮮人の殺害を企てる。そうした中、鉱夫として島に潜入していた朝鮮独立軍の特殊部隊員を中心に朝鮮人が蜂起。日本側と激しい銃撃戦を展開し、決死の脱出作戦を決行する。

     以上が映画のあらすじだ。劇中には、連行された朝鮮人女性が売春を強いられる描写もある。

     偽りの歴史ばかりが描かれた映画なのだが、話題性は十分で、韓国では夏休み映画の目玉作品として公開前から注目を集めていた。映画の影響もあってか、長崎の軍艦島では6月ごろから韓国人客が急増。それに伴いトラブルも発生しているという。

    「6月下旬以降、観光客を装った韓国のテレビクルーが無許可取材を行う事案が複数ありました」(NPO法人「軍艦島を世界遺産にする会」理事長・坂本道徳氏)

    「島に上陸した韓国人団体客が『強制労働の歴史を持つ軍艦島の世界遺産認定を取り消せ!』という横断幕を掲げて騒動になりました」(クルーズ船スタッフ)

    ※SAPIO2017年10月号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170911-00000009-pseven-kr

    引用元: ・【話題】軍艦島、韓国人客急増で横断幕掲げる等のトラブル発生 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【破壊工作してくるぞ 】軍艦島、韓国人客急増で横断幕掲げる等の複数のトラブル発生】の続きを読む

    1: ろこもこ ★@無断転載は禁止 2017/09/07(木) 21:07:13.04 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00010009-nishinpc-int

     太平洋戦争中の長崎市の軍艦島(端島)を舞台に、過酷な炭鉱労働を強いられた朝鮮人徴用工らが集団脱走を図る韓国映画「軍艦島」に関し、田上富久市長は6日の市議会一般質問で「島は決して(映画で)地獄島と表現されるような状況ではなかった」と述べ、市のホームページ(HP)上で当時の島の実情について4カ国語で発信する考えを示した。

     映画は史実ではない内容が含まれており、物議を醸した。市は「韓国内では映画と似た内容の絵本も刊行されており、島に関する正しい理解を国内外に広めたい」(世界遺産推進室)として、HPでの発信を決めた。端島炭坑の元労働者とその家族ら島民の証言をまとめ、日本語と韓国語、中国語、英語版を準備。1~2カ月内に公開する考え。

     映画を巡っては、元島民らでつくる市民団体が8月、在日韓国大使館などに「フィクションと断れば、事実と全くかけ離れた虚構を映画にすることは許されるのか」と抗議している。

    引用元: ・【日韓】長崎市長「軍艦島は地獄ではない」「事実と全くかけ離れた虚構」 韓国映画に抗議 当時の実情、4ヵ国語で発信へ[09/07] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【朝鮮人の作りごとに負けるな】長崎市長「軍艦島は地獄ではない」「事実と全くかけ離れた虚構」 韓国映画に抗議 当時の実情、4ヵ国語で発信へ】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/09(水) 10:57:25.13 ID:CAP_USER
     「慰安婦問題のデタラメ」を告発する手紙を2年前、米ケネディ駐日大使(当時)宛てに書いた、在米の韓国系アメリカ人古老が再び、憤っている。先月上旬、韓国映画『軍艦島』公開前に米ニューヨーク・タイムズスクエアの電光掲示板で流された「軍艦島は地獄島」などとした意見広告のことだ。

     それは、世界で最も広告料が高いという“ひのき舞台”で日本のイメージを意図的におとしめるだけでなく、事実を歪曲(わいきょく)した反日宣伝だった。

     7月27日付産経新聞はソウル発の記事で、映像に使用された写真は「朝鮮人徴用工」ではなく、日本人であり、場所も軍艦島ではなかったことが判明。映像製作に関わった韓国の大学教授も誤用を認めたことを報じている。

     古老は「『慰安婦問題のウソ』をばらまいたのと同じやり方だ。今度は『軍艦島(の徴用工問題)』でひと旗上げるつもりなのだろう。もはや韓国では“産業”と化している。騒げば騒ぐほどお金が集まり、政治的な勢力は強くなる。(韓国で公開中の)映画の内容もひどい。史実とはかけ離れています」と話す。

     古老は90歳近い。日本統治時代の朝鮮に生まれ、教育を受けた。戦後、韓国の名門大を卒業、渡米して帰化し、在米の大手企業に勤めた。民族に反逆する気も政治的な意図もないが、当時を知る者として「事実に反すること」が流布されているのが許せない、と匿名ながら発言を続けている。

     「朝鮮に徴用令が適用されたのは昭和19年9月以降のわずかな期間でしかない。日本はなぜ『事実でないこと(反日宣伝など)』を止めようとしないのか? (慰安婦問題のように)芽が出て根を張って幹が大きくなる前に動かないと手遅れになってしまう」

    □  ■

     もうひとり、当時の朝鮮での「徴用」の真実を知る日本側の古老がいる。朝鮮総督府の元官吏で和歌山県在住の西川清さん。先月末で102歳になった。郡の内務課長として、戦時動員として行われた朝鮮人内地移送計画(昭和14年~)に直接タッチした人である。

     計画は時期によって「募集」→「官斡旋(あっせん)」→「徴用」と制度が変わったが、西川さんによれば、(朝鮮に徴用令が実施された)昭和19年以前から「徴用」と呼んでいたという。

     「殴る蹴るで強制的に動員したことなど絶対にない。給与などの条件を説明し、納得した上で内地へ行った。待遇だって悪くなかったと思うし、応じなくても(徴用令以前は)罰則はありませんでした」

     当時、内地へ渡った多くの朝鮮人は、仕事を求め、自分の意思で行ったのが事実である。強制力が伴う「徴用」は、戦時下という非常時の労働動員であり、もちろん日本人にも適用されていたし、給与も支払われていた。

     統治時代の朝鮮に近代教育制度を築いたのは日本である。当時の旧制中学校で学んだ人たちも当時を知る者として動き始めた。

     平壌一中出身の長尾周幸(かねゆき)さんは昭和5年生まれ。数え年で88歳になる。今月中に発行を予定している同窓会誌の中で『“従軍慰安婦”虚報払拭のための朝鮮在住者の意見具申書』と題し、OBに「慰安婦問題の真実」についての証言を募集することにした。

     同様の動きは、別の朝鮮の旧制中学同窓会でも出ている。

     韓国系アメリカ人古老はいう。「(自分たちが)見たことも聞いたこともないウソがまかり通っていると、みんな墓場へ行く前に事実を証言すべきだ。もはや、ふとんをかぶっている場合じゃありませんよ」(喜多由浩)



    【プロフィル】西川清
    にしかわ・きよし 大正4(1915)年生まれ。日本統治下の朝鮮へ渡り江原道産業部に就職。朝鮮総督府地方官吏養成所へ入所し、28歳の若さで寧越郡内務課長に就任。著書に『朝鮮総督府官吏最後の証言』(桜の花出版編集部)。

    http://www.sankei.com/column/news/170809/clm1708090007-n1.html

    no title

    韓国映画「軍艦島」のパンフレット
    no title

    元朝鮮総督府官吏の西川清さん=今年6月(喜多由浩撮影)

    引用元: ・【歴史戦】事実歪曲「軍艦島広告」に憤り 韓国系アメリカ人古老、再び 真実告発へ動き出す旧制中同窓会[8/09] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本政府は仕事しろ】「『慰安婦問題のウソ』をばらまいたのと同じやり方」事実歪曲「軍艦島広告」に憤りの韓国系アメリカ人古老】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/03(木) 08:02:03.58 ID:CAP_USER
    最近日本からカカオトークのメッセージを受け取った。中国大連外国語大のキム・ウォルベ教授からだ。北九州大の招きで安重根(アン・ジュングン)義士の特講を終えた彼は、先月28日に軍艦島(端島)を訪ねた。小学校6年生の息子と一緒だ。

    日帝の韓国人徴用現場を息子に見せてあげたかった。彼は訪問前日にインターネットを通じて予約を入れた。韓国の住所も入力した。ちょうど韓国で映画『軍艦島』が公開された直後だった。

    探訪当日、キム教授は青色の名札を手渡された。日本人は緑色だった。その日午前9時、軍艦島行きのクルーズに乗船した人は40人余り、そのうち4人は韓国人だった。

    軍艦島は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、人類の普遍的価値を認められたという意味だ。ところがなぜ名札の色で国籍を分けなければならないだろうか。

    キム教授は「予想外だった。管理されているような感じ」と話した。キム教授が送ってきた写真50余枚にも目を通した。日本明治時代産業革命の現場を見ることができた。

    軍艦島の近くの高島石炭資料館にあるハングル年表の最後の一節は「1974年1月15日、端島坑閉山。同年4月20日に無人島になって今に至る」。韓国人徴用の事実はどこにもなかった。

    2年前の世界遺産登録当時、関連事実を示すようにとするユネスコ勧告を履行しないでいる日本だ。キム教授は「現場ガイドも日本の近代化だけに触れて、海底1000メートルの中の朝鮮人の悲しみはただの一行も紹介しなかった」と伝えた。

    2日、全国観客動員500万人を超えた映画『軍艦島』の興行には日本の厚顔無恥に対する反感が作用したようだ。映画マーケティングもこの部分を全面に出している。それでも鑑賞後、虚しさを覚えた。

    「アクションの大家」リュ・スンワン監督が急ごしらえした悲劇の現場は極めて表面的だ。スクリーン寡占、反日・親日映画論争は二の次として、全般的な説得力に欠ける。何よりもキャラクターの常套性のためだ。

    スター軍団が出動した『軍艦島』の純製作費は220億ウォン(約21億7000万円)。予算をかけた分は取り返さなくてはならない商業映画の興行要素は理解する。だが、いわゆる地獄島を脱出しようとする彼らの言葉やしぐさがあまりにもいかにもすぎて…。

    歴史に対する過剰被害意識に映った。私たちの中にもう一つの「軍艦島」を作ってしまったかもしれない。日本に手本を見せるにはもう少し注意深くあるべきだった。もう少し深く考えるべきだった。

    パク・ジョンホ/論説委員

    【噴水台】韓国の中の「軍艦島」
    http://japanese.joins.com/article/963/231963.html

    引用元: ・【中央日報】私たちの中にもう一つの「軍艦島」を作ってしまったかもしれない。日本に手本を見せるにはもう少し注意深くあるべきだった [無断転載禁止]©2ch.net

    【【どっちが厚顔無恥なんだか】中央日報「映画『軍艦島』の興行には日本の厚顔無恥に対する反感が作用した」北九州大の招きで安重根義士の特講したキム教授】の続きを読む

    このページのトップヘ