まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:軍艦島

    1: まるっとニュー 2019/11/19(火) 10:31:22.63 ID:CAP_USER
    ■ 11月19日から12月15日まで西大門歴史館で進行
    _________________

    ソウル市は、三一運動と大韓民国臨時政府樹立100周年記念事業の一環として、『軍艦島強制徴用』の歴史を取り上げた『軍艦島ヘッドランタン』の展示を、西大門(ソデムン)刑務所歴史館第10獄舎で、19日から12月15日まで開催すると明らかにした。

    ソウル市と西大門刑務所歴史館が共同で主催する今回の展示は、日帝強占期時代の朝鮮人強制徴用の歴史を再発掘するために企画された。

    (写真=ソウル市提供)
    no title


    今回の展示では、強制徴用で連行されて軍艦島で労役して死亡した朝鮮人の名簿と、実際の強制徴用被害者である故・キム・スンギルさんの生々しい証言が盛り込まれた日記が公開される。

    観覧者は15mに達する実際の坑道を再現した構造物を通過し、軍艦島に訪れたような印象を受けるようになっていて、その中で音と映像、視覚物を通じた体験は、軍艦島に対する自然な歴史との一体化が可能である。

    同時に2008年から現在の軍艦島を記録した、イ・ジェカプ写真作家の写真が展示される予定である。

    展示開始日であるこの日は、軍艦島と朝鮮人強制徴用、朝鮮人原爆被害に関するトークコンサートが予定されている。

    三一運動100周年ソウル市記念事業のソ・ヘサン総監督は、「観覧者が実際の坑道を再現した構造物を通過して、軍艦島に訪れたような印象を受けるだろう」と言いながら、「視・聴覚展示物を通じて、自然に強制徴用という痛切な歴史を自ら体験するようになるだろう」と明らかにした。

    ソウル市福祉政策課のイ・ヘソン 課長は、「今回の展示に多くの市民の皆さんの参加をお願いしたい」と明らかにした。

    ソース:ニュースピム(韓国語)
    http://www.newspim.com/news/view/20191119000186

    引用元: ・【韓国】ソウル市が『軍艦島強制徴用』展示会を開催[11/19]

    【市の予算でやるの? 嘘出鱈目を 【韓国】ソウル市が『軍艦島強制徴用』展示会を開催[11/19] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/07/03(水) 23:31:42.36 ID:CAP_USER
    no title

    ▲朝鮮半島出身者の戦時徴用の実態を巡るイベントで発言する坂本道徳さん=2日、ジュネーブ(共同)

     戦時中に徴用された朝鮮半島出身労働者が、長崎市の端島(はしま、通称・軍艦島)炭鉱で差別的扱いを受けたという韓国側の主張に反論するため、元島民らが2日、ジュネーブの国連欧州本部でシンポジウムを行った。韓国人学者も登壇し、「賃金の民族差別はなかった」と指摘した。

     シンポジウムは、国連人権理事会に合わせ、史実の発信を目指す民間団体「国際歴史論戦研究所」(所長・山下英次大阪市立大名誉教授)が主催した。

     元島民の坂本道徳さん(65)は、炭鉱員だった父や元住民の証言を紹介。「朝鮮半島出身者も同じ仲間として、一緒に酒を酌んだと聞いた。朝鮮人を強制労働させた『アウシュビッツのような地獄の島』という誤解が世界に広がり、島の名誉が傷つけられた」と訴えた。

     ソウルにある落星台(ナクソンデ)経済研究所の李宇衍(イ・ウヨン)研究員は、第二次世界大戦中の日本各地での炭鉱の賃金調査をもとに「朝鮮人炭鉱夫の月収は他職種の朝鮮人や日本人に比べて高かった」と指摘。奴隷労働という「歪曲(わいきょく)された歴史認識」が広がっていると訴えた。

    ソース:zakzak<軍艦島“地獄の島”は誤解 元島民らが韓国側に反論!「賃金の民族差別はなかった」>
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190703/for1907030006-n1.html

    引用元: ・【国連】 「地獄の島」は誤解~軍艦島元島民らが韓国側に反論!「賃金の民族差別はなかった」[07/03]

    【誤解じゃなくいつもの朝鮮人の捏造。 【国連】 「地獄の島」は誤解~軍艦島元島民らが韓国側に反論!「賃金の民族差別はなかった」[07/03] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/04/15(月) 08:51:35.92 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    誠信(ソンシン)女子大学校教養学部の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授は14日、自由旅行技術研究所ツーリスタと日本の福岡および長崎で、『海外の大韓民国歴史遺跡探訪プロジェクト』を進行したと明らかにした。

    徐敬徳教授はネチズン25人と同行した今回の探訪プロジェクトで、ユネスコ世界遺産に登録された端島(軍艦島)炭鉱、高島炭鉱、三池炭鉱など、強制徴用の地域を探訪して日本の歴史歪曲を直接確認したと伝えた。

    写真は端島炭鉱で強制徴用を説明している徐敬徳教授。

    (写真)
    no title

    ▲ 三池炭鉱で強制徴用を説明する徐敬徳教授。

    (写真)
    no title

    ▲ 強制徴用の説明がない案内板。

    ソース:NAVER/ソウル=NEWSIS(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0009172494

    引用元: ・【韓国】端島炭鉱(軍艦島)で強制徴用を説明する徐敬徳教授(写真)[04/16]

    【嘘つき韓国人の洗脳ツアー【韓国】端島炭鉱(軍艦島)で強制徴用を説明する徐敬徳教授(写真)[04/16] 】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=11,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/12/04(月)11:18:46 ID:???
    櫻井よしこ 美しき勁き国へ

     過ちがあれば認め、しかし、冷静に事実に沿って主張するのが王道だ。王道を歩むことで日本は歴史戦解決の道を開くことができるだろう。

     そう確信したのが10月末の勝利だ。中韓など8カ国・地域が慰安婦関連資料を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」に
    登録しようとしたのを日本は阻止した。

     「南京大虐殺」を世界の記憶に登録されるなど、歴史戦で敗北を重ねた日本だが、この奇跡的な勝利は
    安倍晋三首相の強い決意の下、初めて日本が国家として事実に基づいて闘った結果だ。ユネスコも歴史問題も
    政治利用されてはならないと、正論を説き世界を説得したからだ。(中略)

     私の手元に「『明治日本の産業革命遺産』と強制労働」という88ページのガイドブックがある。
    11月末に神戸市の「強制動員真相究明ネットワーク」と、韓国の「民族問題研究所」が発行した。
    日韓の反日左派勢力の協力の背後に韓国政府の支持があるとみてよいだろう。
     彼らの非難に向き合い闘う気持ちがあれば、こちら側には、後述する信頼性の高い反論の材料がある。
    それらを活用して日本国の名誉を守る気概が外務省にあるか。(中略)

     産業革命遺産の一部、長崎県端島(はしま)、通称「軍艦島」は「地獄島」で、「朝鮮人は劣悪な労働条件と
    暴力の中で死闘の毎日」を過ごし、「ゴムのチューブで皮膚が裂けるほど叩かれ、拷問」されたとも記されている。
    この証言者、崔璋燮(チェチャンソプ)氏は1943年から終戦まで重労働させられたが「賃金をもらったことがない」とも語っている。

     これらのコメントの多くは『軍艦島に耳を澄ませば』(社会評論社)などによる。「長崎在日朝鮮人の人権を守る会」が
    まとめた右の書には反日歴史戦で度々名前の挙がる岡正治氏、高實康稔氏、柴田利明氏らが著者として名を連ねる。(中略)

     給料が支払われなかったとの非難には、「必ず給料日には並んでもらいにきとった、判もって」
    「朝鮮の人なんかはもうみんなその頃は炭鉱が(好)景気で、よそから来ますから、家族連れで」と、ふりかえる。

     注目したいのは同サイトに韓国から多くのアクセスがあることだ。旧島民の証言に向き合う「強制徴用労働者像建設に反対する会」の人々もそうだ。

     彼らは、徴用工の像を設置して声を荒らげることが、むしろ事実を隠してしまうとして、像の設置を急ぐ
    「日帝強制徴用労働者像建設推進委員会」(推進委)に公開討論を申し入れた。推進委には韓国2大労組委員長、
    挺身隊(ていしんたい)問題対策協議会代表の尹美香(ユンミヒャン)氏など左派勢力が名を連ねる。
    こうした論争が韓国に生まれたこと自体、国民会議がウェブサイトを開いて情報発信した結果であろう。

    (以下略)

    産経web/2017.12.4 05:00
    https://www-sankei-com.cdn.ampproject.org/c/www.sankei.com/politics/amp/171204/plt1712040003-a.html

    引用元: ・【軍艦島/歪曲問題】事実は正直だ 軍艦島旧島民の証言録の一日も早い公開を [H29/12/4]

    【【最初からこうすべき だったんだよな。 】事実は正直だ 軍艦島旧島民の証言録の一日も早い公開を 【軍艦島/歪曲問題】】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/09/11(月) 08:13:32.47 ID:CAP_USER
    9/11(月) 7:00配信
    NEWS ポストセブン

    韓国人観光客が増加する軍艦島

     日本軍に強制徴用された朝鮮人炭鉱夫の悲劇を描く映画『軍艦島』が、今年7月、韓国で封切られた。観客動員数は公開からわずか10日で600万人を突破した。映画の内容は荒唐無稽の一言に尽きる。

    ──戦争末期の1945年3月、海底炭鉱で栄える長崎県の端島(はしま、通称・軍艦島)に、日本軍によって強制徴用された朝鮮人が次々と連行されてきた。炭鉱に送られた男たちは劣悪な環境下で日々、死と隣り合わせの過酷な採炭作業に従事する。

     ミスをすれば凄惨な暴行を受け、島から脱出を試みた者は容赦なく殺害された。やがて坑内で大事故が発生し、多くの朝鮮人が命を落とす。彼らの死亡保険金は炭鉱会社が受け取る仕組みになっていた。一命を取りとめた朝鮮人の暴動を恐れた炭鉱会社幹部は、坑道を塞ぎ生存者を殺害。遺体は島の一角に無造作に積まれ焼かれた。

     そして8月、広島に原爆が投下されると、敗戦を悟った炭鉱会社幹部らは、口封じのため島内にいる全ての朝鮮人の殺害を企てる。そうした中、鉱夫として島に潜入していた朝鮮独立軍の特殊部隊員を中心に朝鮮人が蜂起。日本側と激しい銃撃戦を展開し、決死の脱出作戦を決行する。

     以上が映画のあらすじだ。劇中には、連行された朝鮮人女性が売春を強いられる描写もある。

     偽りの歴史ばかりが描かれた映画なのだが、話題性は十分で、韓国では夏休み映画の目玉作品として公開前から注目を集めていた。映画の影響もあってか、長崎の軍艦島では6月ごろから韓国人客が急増。それに伴いトラブルも発生しているという。

    「6月下旬以降、観光客を装った韓国のテレビクルーが無許可取材を行う事案が複数ありました」(NPO法人「軍艦島を世界遺産にする会」理事長・坂本道徳氏)

    「島に上陸した韓国人団体客が『強制労働の歴史を持つ軍艦島の世界遺産認定を取り消せ!』という横断幕を掲げて騒動になりました」(クルーズ船スタッフ)

    ※SAPIO2017年10月号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170911-00000009-pseven-kr

    引用元: ・【話題】軍艦島、韓国人客急増で横断幕掲げる等のトラブル発生 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【破壊工作してくるぞ 】軍艦島、韓国人客急増で横断幕掲げる等の複数のトラブル発生】の続きを読む

    このページのトップヘ