まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:開催

    1: まるっとニュー 2019/08/16(金) 15:14:16.13 ID:CAP_USER
    【釜山聯合ニュース】韓国の市民・社会団体が日本の安倍晋三政権を糾弾する意味を込めて、釜山の日本総領事館付近の区間を「抗日通り」に指定する計画だ。

     釜山の100を超える団体でつくる「安倍糾弾釜山市民行動」は16日、総領事館前に設置された旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像の前で17日に抗日通りの宣言式を行うと発表した。

     団体側は、少女像から総領事館に近い場所にある鄭撥(チョン・バル)将軍像前に設置された強制徴用労働者を象徴する「労働者像」までの150メートル区間を抗日通りとして指定する計画だ。労働者像の案内板を設置し、抗日通りの地図も作成する。安倍政権を糾弾する内容などが書かれた懸垂幕も設置する予定だ。

     団体関係者は、抗日通りを中心に安倍首相を糾弾するさまざまな行事を開くと話している。


    8/16(金) 14:27配信 聯合ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00000033-yonh-kr
    画像
    no title

    引用元: ・【韓国】プサンの日本領事館付近を「抗日通り」に指定 安倍首相を糾弾する様々なイベントを開催予定 韓国団体[08/16]

    【すごいヘイト民族だね ありえないわ 【韓国】プサンの日本領事館付近を「抗日通り」に指定 安倍首相を糾弾する様々なイベントを開催予定 韓国団体[08/16] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/06/04(火) 09:14:56.13 ID:CAP_USER
    (女性家族部)
    no title


    女性家族部は4日、日本軍慰安婦問題をテーマとする青少年作品の公募展を開催すると明らかにした。

    今年で6回目を迎える今回の公募展は、未来の主役である青少年が日本軍慰安婦問題を正しく学び、認識する機会を提供するために用意された。

    公募展作品は4日から9月19日までの約3か月間、公募展のホームページで受け付けられる。

    応募は小中高および大学生が参加でき、美術と音楽の分野に区分される。

    授賞式は11月中に開催される予定である。計27人(チーム)を表彰して、賞金総額は1220万ウォンである。

    女性家族部のチェ・チャンヘン権益増進局長は、「慰安婦被害者公募展が青少年たちに日本軍慰安婦問題について自ら考える動機を与え、戦時中の性暴力と女性人権に対する問題意識を覚醒させる大切なきっかけになって欲しい」と述べた。

    ソース:NAVER/ヘラルド経済(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=016&aid=0001542637

    引用元: ・【韓国】女性家族部、慰安婦被害者がテーマの公募展を開催[06/04]

    【大嘘つきの売春婦を聖女とあがめる【韓国】女性家族部、慰安婦被害者がテーマの公募展を開催[06/04] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/08/11(日) 23:37:38.98 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    no title


    長興郡(チャンフングン)で日本アベ政府の経済侵略を糾弾する郡民文化祭が開かれる。

    「義郷長興郡民文化祭」という名称で開かれる今回の行事は来る8月13日午後6時30分、長興郡庁前で開かれる。

    行事を企画した「8.15光復節記念長興郡民文化祭行事準備委員会」は経済侵略アベ糾弾、韓日軍事情報保護協定廃棄を主張して地域民らの同意を集めている。

    行事関係者は「日本は戦犯国として反省どころか、かえって『韓日請求権協定合意を守らない韓国』と主張して輸出規制を通じた経済侵略を露骨化している」と言った。引き続き「義兵の故郷、東学の聖地である長興郡で過去の歴史に対する謝罪なしに再び経済侵略に出ているアベ政府に対する糾弾の意志を集めようと思う」と話した。

    これに先んじた8月2日、長興郡100余りの地域社会団体はアベ政府が韓国を「ホワイト国」から排除した措置に対抗して日本不買運動を宣言した。

    今回の郡民文化祭を契機に長興郡に吹いている日本製品不買運動と国産品愛用運動が大々的に広がるだろうというのが地域社会の観測だ。

    歴史的に長興郡は湖南(ホナム)義兵と東学農民革命、独立運動につながる抗日闘争の歴史の脈が流れている故郷だ。
    (中略:長興郡と安重根・東学農民革命などの関係紹介)

    叙情欄長興郡民文化祭執行委員長は「義郷長興郡は抗日闘争に出た義兵精神が生きて呼吸する故郷」としながら「湖南義兵の深い歴史を大事に保った長興郡で日本の経済侵略に対抗することは非常に意味のあること」と話した。

    ソース:ウィキツリー(韓国語)<[意向長興郡]日本アベ政府糾弾‘郡民文化祭’開催>
    https://www.wikitree.co.kr/main/news_view.php?id=453185

    引用元: ・【韓国】 義郷・長興(チャンフン)郡、日本アベ政府糾弾「郡民文化祭」開催[08/10]

    【愚民文化祭に見えた 【韓国】 義郷・長興(チャンフン)郡、日本アベ政府糾弾「郡民文化祭」開催[08/10] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/07/27(土) 17:13:24.95 ID:CAP_USER
    no title

    「日本旅行、行きません。日本製品、買いません。日本料理、食べません。」

     日本政府による輸出管理強化措置によって日韓の関係悪化が進む中、大田(テジョン)市のタイムワールド前では日本を糾弾するデモがおこなわれた。

     国民主権実現弊害の精算大田運動本部、平和の蝶大田行動市民団体の会員ら100人は「日本糾弾 土着倭寇撲滅 大田市民ロウソク集会」を開催し、日本政府の対応を強く批判した。

     参加者は各自「NO安倍 謝罪の代わりに経済報復」と書かれたプラカードとロウソクを持って日本を糾弾した。

     民族問題研究所の大田支部長のパク・ヘリョン氏は「この機会に我々国民が団結しなければならない」とし、「親日残滓勢力がこの地を踏めないように我々が共に努力すればいい」と訴えた。

     続いて参加者は旭日旗を持ち、掛け声とともに破るパフォーマンスをおこなった。

     チョン・ビョンドク民主労総主席本部長は「現在の安倍政権は過去に侵略をおこなったにも関わらず反省していない」とし、「政府や政治圏では何も言えないが、サービス連盟はユニクロの宅配労働者が配送をしないと闘争を始めた」と述べた。

     続けて「政府や政治家ができないことを我々市民と労働組合の皆さんがやっているのではないか」とし、「三・一運動で主権を守るために同胞は銃剣を恐れず立ち向かったが、その時の気持ちでやらなきゃならない」と声をあげた。

    https://s.wowkorea.jp/news/read/238764/
    WOW!Korea 2019/07/26 22:35配信

    引用元: ・【韓国市民団体】銃剣を恐れず立ち向かった“三・一運動の気持ちで”日本糾弾のロウソク集会を開催=輸出管理強化受け[7/26]

    【バカなの韓国人って 【韓国市民団体】銃剣を恐れず立ち向かった“三・一運動の気持ちで”日本糾弾のロウソク集会を開催=輸出管理強化受け[7/26] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/04/14(日) 21:45:29.04 ID:CAP_USER
    最近白頭山で地震が頻繁に発生しガスが噴出するなど深刻な噴火の兆候が現れており汎国家的な対応策をまとめる必要性が提起されている。15日の国会では「目覚める白頭山火山どうすべきか」という主題の討論会も開かれる。この日の討論会には与党議員と、学界、研究機関、政府官庁関係者ら専門家100人ほどが参加すると韓国地質資源研究院が12日に明らかにした。 

      最近白頭山の天池周辺では火山性地震と天池が膨らむなど噴火の兆候が現れている。2002年から2005年の間に白頭山天池周辺で火山性地震が3000回以上起きた。2002年から2009年までは12センチメートルほど隆起と沈下があり、摂氏60度前後の白頭山天池周辺の温泉の温度が2015年には83度まで上がった。温泉で採取した火山ガスのヘリウム濃度は一般大気の7倍以上だった。地質資源研究院はこうした現象をいずれも深刻な火山噴火の兆候と判断していると説明した。 

      白頭山は地下に巨大なマグマの存在が確認された活火山だ。西暦946年にはいわゆる「ミレニアム大噴火」が起き韓国全体に1メートル以上積もらせる莫大な量の噴出物を噴き出した。日本の北海道には火山灰が5センチメートル以上積もったという記録も残っており、これは過去1万年に地球上で起きた最も大きい規模の噴火に属する。 

      地質資源研究院などの専門家らは15日に国会図書館小会議室で討論会を開き、白頭山の火山活動の監視研究活動共有と人道主義的次元の解決策を探す方針だ。 

      浦項(ポハン)工科大学のイ・ヨンス教授、釜山(プサン)大学のユン・ソンヒョ教授、ソウル大学のイ・ヒョンウ教授、地質資源研究院のチ・ガンヒョン博士は白頭山火山災害に対する分野別研究現況を発表する。体系的な火山監視網構築により2004年に再噴火したセント・ヘレンズ火山を正確に予測した事例を他山の石として南北共同研究の必要性を強調する計画だ。 

      英ロンドン大学のJ.ハモンド教授、ポステックのキム・スンファン教授、全北(チョンブク)大学のオ・チャンファン教授らも演説者として立つ。特にハモンド教授は英国、米国、中国、北朝鮮の科学者とともに実施した白頭山火山の地質学的研究プロジェクト結果を伝える予定だ。 

      韓国地質資源研究院のキム・ボクチョル院長は「わが民族の霊山である白頭山の火山被害を効果的に予防できるよう研究を積極的に支援する。1日も早く白頭山火山の南北協力研究を活性化し安全な大韓民国となる基盤が用意されるよう望む」と話した。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=252328&servcode=400&sectcode=400
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年04月14日 12時20分

    no title

    白頭山天池(写真=平壌写真共同取材団)

    引用元: ・【目覚めよ】「白頭山噴火の兆しが深刻化」…対応策まとめる討論会開催[4/14]

    【崩壊間違いない 【目覚めよ】「白頭山噴火の兆しが深刻化」…対応策まとめる討論会開催[4/14] 】の続きを読む

    このページのトップヘ