まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:関係ない

    1: まるっとニュー 2019/08/22(木) 23:12:30.29 ID:CAP_USER
    プリント記事本文プリントする字の大きさ大きく見る字大きさ小さく見ること

    no title

    no title


    米国のモデル、 シャーロット・ケンプ・ミュール(Charlotte Kemp Muhl)が日本軍国主義を象徴する戦犯旗「旭日昇天旗(旭日旗)」Tシャツを着て、これを指摘した韓国ネチズンと舌戦をしています。

    現地時間19日、ミュールは自身のインスタグラムに旭日旗が描かれたTシャツを着て乗馬を楽しんでいる写真を公開しました。この写真を見たある韓国ネチズンはミュールのTシャツに対して「ファッションは尊重するが、ファンとして言わなければならないようだ。写真の中のTシャツデザインはナチのような意味だ」と指摘しました。

    no title


    これに対しミュールは「これは日本の旭日昇天旗だ("it's the Rising Sun Flag from Japan")」と答えました。米国人ミュールが韓日歴史問題に関する知識が不足していると判断したこのネチズンは「それは私も知っている。しかし、旭日旗は韓国で日本の植民支配を思い出させるので韓国の人々には大きな傷だ」と付け加えて説明しました。

    しかし、ネチズンの話にミュールは多少あきれた主張を続けました。彼女は「旭日旗は明治時代に日本軍が初めて使い、海軍の軍艦旗にも採択された。韓国植民支配以前から存在したので本質的にナチの政治的理念とは違う」と反論しました。

    引き続きミュールは「私は日本語ができて、あなたより歴史を多く知っている。米国と英国、フランスも国旗が存在する間、植民支配したのに、それではこの国旗も禁止しなければならないのか?非常に退屈で情けない論争だ」と付け加えました。

    ミュールの返事を見たネチズンらは「日本に植民支配された私たちに歴史を教えようというのか?」「作られた時期がが重要ではなく、旗の象徴に問題があるということだ」等の反応で怒りを表わしています。

    この中、問題のTシャツをミュールにプレゼントしたボーイフレンドでビートルズのメンバー、ジョン・レノンの息子ショーン・レノンも「日本で育った私は旭日旗を見れば小さい頃を思い出す。すべての人はそれぞれ象徴的なものを使うことに自由でなければならない」と肩を持つコメントを残して袋叩きにされています。

    no title


    ソース:SBSニュース(韓国語)[スブスタ] "ナチと関係ないが?"…米国モデル、戦犯旗ティーシャツ着てネチズンと'舌戦'
    https://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1005406360

    引用元: ・【旭日旗】 「ナチと関係ない」…米国の女性モデル、戦犯旗Tシャツを着てネチズンと舌戦[08/22]

    【これをコリアンファッショナチズムと言います【旭日旗】 「ナチと関係ない」…米国の女性モデル、戦犯旗Tシャツを着てネチズンと舌戦[08/22] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/03/16(金) 09:22:29.55 ID:CAP_USER
    2018年3月13日、韓国・聯合ニュースによると、地方自治体から動物保護センターの運営を委託された韓国の動物病院が、保護した犬を「犬農場」に引き渡そうとして摘発された。

    記事は光陽(クァンヤン)市と動物保護団体の話を伝えている。それによると、12日午後4時ごろ、同市内にある動物病院は保護した捨て犬5匹を犬農場に引き渡そうとしたが、これを見ていた通行人らの通報により当局に摘発されたという。


     》

    ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

    引用元: ・【食】 韓国の動物病院 保護した犬を「食肉用の養犬場」に 院長「どうせ私が○す犬なのだから関係ない」 [03/16]

    http://www.recordchina.co.jp/b581061-s0-c30.html

    【【食】 韓国の動物病院 保護した犬を「食肉用の養犬場」に 院長「どうせ私が○す犬なのだから関係ない」 [03/16] 】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@無断転載は禁止 2017/01/12(木) 21:01:52.07 ID:CAP_USER
    (画像)
    no title


     釜山市在住のキム・ゴンヒさん(29)は3日、中国に留学中にきょうだいに会いに行くため、中国のビザを申請したが却下された。
    眼鏡をかけた写真を提出してはならないという理由だった。キムさんは「前に何度も眼鏡をかけた写真でOKだったのに、なぜ突然
    却下されたのか理解できない」と話した。ソウル汝矣島でビザ申請代行センターを運営するキム・デウォンさんは「最近中国のビザを
    申請した人の約40%が写真のせいで不適格判定を受けている。これだけまとまった数のビザ発給が拒否される例は以前にはなかった」
    と指摘した。

     このように中国は今年からビザ申請時の写真の条件を強化し、ビザ発給を拒否される例が相次いでいる。中国大使館によると、
    黒縁や色付きレンズで顔が隠れている写真、帽子やスカーフを着用している写真などは使用できないという。眼鏡の影が顔に
    かかっていたり、レンズが反射して顔の一部が見えなかったりするケースも不可だ。

     一部には韓半島(朝鮮半島)への終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する報復ではないかとの見方もある。これについて、
    中国大使館は「今年1月1日から全世界の在外公館で同時に適用した規則であり、現在の韓中関係とは全く関係ない」と否定した。
    他国でも中国ビザの申請時に同じ基準に従わなければならないとの説明だ。実際にオーストラリア、カナダ、タイなどの中国大使館の
    ウェブサイトにはビザ申請用写真の条件強化に関する案内が掲載されている。在韓中国大使館も先月15日、同様の告知を
    ウェブサイトに掲載した。

     しかし、条件強化が周知されていないため、混乱を生んでいる。また、中国側の説明とは異なり、金色や銀色のフレームの眼鏡でも
    申請が却下されるケースがあるとの不満の声も出ている。中国ビザの発給を代行する旅行会社関係者は「眼鏡だけでなく、
    他の理由でビザ申請を取り下げさせるケースも出ている。中国ビザの申請時にはこれまでよりも注意を払うべきだ」とアドバイスした。

    キム・ジヨン記者 , チュ・ヒヨン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2017/01/12 09:01
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/12/2017011200698.html

    引用元: ・【話題】眼鏡をかけた韓国人、中国ビザ申請却下相次ぐ 中国大使館「現在の韓中関係とは全く関係ない」[1/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【面白い事考えるな】眼鏡をかけた韓国人、中国ビザ申請却下相次ぐ 中国大使館「現在の韓中関係とは全く関係ない」】の続きを読む

    このページのトップヘ