まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:韓国人

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/08/20(月) 09:38:12.26 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 日本で出された著書を手に「四国八十八カ所は心の道しるべです」と語る崔象喜さん=愛媛県今治市旭町で2018年8月16日、松倉展人撮影
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    韓国・ソウル在住の旅行作家、崔象喜(チェ・サンヒ)さん(42)が今月、四国遍路の体験や出会いへの感謝をつづったエッセー「韓国女子 涙と絆の四国八十八ケ所参り」を日本で出版した。崔さんは八十八カ所の「歩き遍路」を7回達成。遍路道の案内役や巡礼作法を手ほどきする霊場会公認の「先達(せんだつ)」に2013年、外国に住む女性で初めて認定された。

    崔さんが初めて四国遍路に出たのは10年のこと。その4年前に父が亡くなり、経営した店の倒産、大金を貸した知人の失跡なども重なって「途方に暮れた」時期だった。

    当時は日本語がほとんどできず、宿を予約するにも旅の人に地図を見せ、身ぶりで電話を頼んだ。それでも「恩送りだから」と、かつて旅先の韓国で地元の人に世話になったという日本人の遍路がそっと部屋代を払ってくれた。15キロの荷物を背負っての旅。「遍路ころがし」と呼ばれる難所では、「私のかばんと交換して背負いましょうか」と、ベテラン遍路の助けを受けた。

    「国籍も性別も地位も関係ない。白衣を着ているだけでみな平等の『お遍路さん』になれる」。翌年には韓国語のインターネット交流サイト「同行2人」での情報発信も始め、会員は900人近い。遍路が自由に利用できる休憩所作りに取り組む「四国霊場八十八ケ所ヘンロ小屋プロジェクト」にも参加し、日韓で多くの義援金を集めてきた。
     
    今回は16年に韓国で出版し、2000部以上を売り上げた「四国を歩く女」に加筆した。韓国でこの本に出会って四国遍路に出る人もおり、崔さんの本は遍路旅の「先達」となっている。
     
    「私は一人で出発したが、一人ではなかった」「弘法大師に呼ばれている感じ。宿命のように毎年歩いている」。崔さんの思いだ。
     
    同書は牧山公美訳、アートヴィレッジ刊。税込み1500円。【松倉展人】

    ソース:毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20180820/k00/00e/040/178000c

    引用元: ・【四国八十八ケ所】】韓国人女性が遍路本、日本で出版[08/20]

    【仏像返せや【四国八十八ケ所】】韓国人女性が遍路本、日本で出版[08/20] 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/08/15(水) 17:38:05.07 ID:CAP_USER
    おいこら

    (写真)
    http://www.readersnews.com/news/photo/201808/81458_41181_595.jpg

    【火病(ファビョン)とは】
    「ストレスが多かったり火(怒り)を適切に静められなかった時にタプダプ感(息苦しさ)や無気力、胸のドキ☆ドキ(動悸)、全身が疼く症状などが現れる韓国人だけの独特の病気」
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    『火病(ファビョン)』はアメリカの精神医学会でも、韓国の発音通りに「Hwa-byung」と表記されるほど、韓国人独特の病気である。最近、火病患者が10代と20代で急増しているという調査結果が出た。

    先月、国会保健福祉委員会のキム・グァンス議員が健康保険審査評価院から受けた『最近5年間の火病患者の現況』の資料を分析した結果を見ると、5年前と比較して10代の火病患者は105%、20代の火病患者は93.4%増加した。10歳以下と30代の火病患者はそれぞれ31.6%と20.2%で小幅に増え、40代以上の火病患者はむしろ減少した事と比較すると、唯一10代と20代で火病患者が急増したのは異常な事である。

    火病は鬱病に発展して自殺率を増加させ、火病患者は断続的に虐待や暴力、激しいイライラなどを現して社会問題を引き起こす。実際に韓国の10代と20代の自殺率は世界1位であり、病死や自然史ではなく若者の外因死の半分(46.4%)が自殺による死亡となった。 逆上して腹立ちまぎれに起こす、いわゆる『憤怒調節障害犯罪』も年々増えている。

    火病の原因はストレスだ。キム・グァンス議員は、「入試や軍隊、就職など、生活の中の多くのストレスを抱えて生きる10代と20代の火病患者の増加は今の時代、我が国の青年たち??のつらい生活の現実を示しているようで残念だ」と話した。

    次に、ストレスの原因は何だろうか。聖公会(ソンゴンフェ)大学校の客員教授であり教育センター『心の種(意訳)』の副センター長であるキム・チャンホ氏は彼の本、『生涯の発見:韓国人はどのように生きていくのか』で、年齢別のストレスの原因を分析した。

    10代のストレスの最初の原因は、『関係の断絶』から始まる自尊心の低下である。著者によると、自尊心は他人との関係で形成されるが、韓国の若者たちは思春期に勉強ばかりなので自尊心を十分に育てられない。著者は、「いつからか死にたいと相談所を訪れる学生が増えた」とし、「自尊心が低いため、本格的な進路選びに入って自分がすごくちっぽけに感じるため」と説明した。彼は、「(これらは)勉強以外の経験が希薄で他人から生きていく力を得たり、自分が社会的に役に立つという事を確認した事がない」と付け加えた。

    第二の原因は激しい競争が原因の自信喪失である。著者は、「韓国の学生は全ての科目で激しい競争をしていると、ある程度では勉強ができたという言葉を聞く事ができない」とし、「外国の場合、ある程度の評価があれば良くできる方だとされて本人も誇りを持てるのだが、韓国の学生は少し点数が出ないと劣等感にとらわれるのが普通だ」と説明した。自信喪失はこれらのいわゆる『評価不安』に苦しみ、失敗の柔軟性を大幅に落とす。

    20代のストレスの原因は『前例のない就職難』である。著者は、「就職難の中で大学生は、常に何かをしなければならないという強迫に追われる。卒業後すぐに就職しないと時間が経つにつれ、ますます困難な局面に入るので少しも油断ができない」とし、「すぐ目前の就職に全力投球するため、人生をどのように作って行くかについて、長い目で構想していない」と説明した。 また、「今、韓国の若者たちは変化を主導とし、未来を開拓するどころか “青年失業” 、 “信用不良者” などの名前ではなく社会の重荷になってしまった」とし、 “世界は誰も自分を必要としない余り者” 、どこにも存在感を持つ事ができない “Nobody” とし、自分自身を発見するのは非常に悲惨な事だ」と付け加えた。

    ソース:読書新聞(韓国語)
    http://www.readersnews.com/news/articleView.html?idxno=81458

    (前すれ)
    【韓国人】火病(ファビョン)を患う韓国の若者たち・・・なじぇ?[08/15]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1534303625/
    ★1投稿日:2018/08/15(水) 12:27:05.80

    引用元: ・【韓国人】火病(ファビョン)を患う韓国の若者たち・・・なじぇ?★2[08/15]

    【朝鮮人固有のなw【韓国人】火病(ファビョン)を患う韓国の若者たち・・・なじぇ?★2[08/15] 】の続きを読む

    1: Ikh ★ 2018/09/12(水) 19:08:21.88 ID:CAP_USER
    彼女は富士山を見ながら育った。家からも見えるし、街からも見えるし、学校からも見えるのがその山だったから当然のことともいえる。

    富士山の雄大な姿は、感嘆と尊敬の対象だったし、「あまりにも堂々としているので、かえって憎しみの象徴」でもあった。その山に向かって愚痴をこぼしながら、そのゆったりとした懐の中で育ち、成長して熟したということだ。

    ところがある日から、その山は違う形に見え始めた。韓国人であることを自覚してからだった。その時から、その山は「恐ろしい日本帝国主義と祖国を侵略した軍国主義の象徴」だった。

    寛大で壮大な姿の富士山が、今は「否定して拒否しなければならない対象」だった。富士山に関する感情の分裂と傷はそう始まった。

    彼女は「由煕」という小説で1988年、第100回芥川賞を受賞した在日韓国人作家の??枝(イ・ヤンジ)だった。彼女は富士山を後にして韓国に来て、韓国語と韓国文化を熱心に身につけ、カヤグムと土俗舞踊に傾倒した。

    何とか富士山で象徴される日本を突き放したいと思った。ところが、彼女は富士山を否定すればするほど、「まるで恵み深い人に対して陰で悪口を言っているのと同じ不思議な呵責」を感じた。

    逆説的にも、彼女は富士山が自分の心の中の深いところを占めていることを、韓国に来てから気づいた。混乱した。「由煕」をはじめとする小説は、その混乱の感情の告白だった。苦心に苦心を重ねた末、彼女が到達した結論は、「自分の中に染みている日本」を否定せず、そのまま認めようというものだった。

    富士山が見える町を去ってから17年が過ぎたある日、??枝は自分が住んでいた町を訪れた。富士山は相変わらず同じ姿で同じ場所にいた。今、彼女は穏やかな心で富士山の美しさを味わうことができた。そうなるまでに17年がかかった。

    長い間自分を苦しませた分裂的で両家的な感情と和解したから可能なことだった。傷の癒し方はそのままを受け入れる肯定の精神にあった。


    September. 12, 2018 08:31 東亞日報
    http://japanese.donga.com/List/3/0502/27/1461061/1
    ※前スレ
    【富士山の傷】 ある日、韓国人であることを自覚してから、その山は「恐ろしい日本帝国主義と祖国を侵略した軍国主義の象徴」 [09/12]
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1536718740/
    【富士山の傷】 ある日、韓国人であることを自覚してから、その山は「恐ろしい日本帝国主義と祖国を侵略した軍国主義の象徴」★2
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1536724670/

    引用元: ・【富士山の傷】 ある日、韓国人であることを自覚してから、その山は「恐ろしい日本帝国主義と祖国を侵略した軍国主義の象徴」★3

    【友好なんて幻想と分かる【富士山の傷】 ある日、韓国人であることを自覚してから、その山は「恐ろしい日本帝国主義と祖国を侵略した軍国主義の象徴」★3 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/12(水) 21:22:28.38 ID:CAP_USER
    http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2018/09/12/2018091201175_0.jpg

     10日夕、東京・銀座の韓国料理店で開かれた追悼会は、日本では珍しい集まりだった。日本の初代韓国統監・伊藤博文を射殺した安重根(アン・ジュングン)義士をたたえる人々が韓日両国から集まったものだ。日本で安重根義士の平和精神を伝える活動をしてきた日本人十数人がマイクを握り、安義士が広めようとしていた平和思想の重要性を力説した。

     朝日新聞ソウル支局長を務めた小田川興氏は「安重根義士は100年前に国連の思想を提示しており、21世紀の今でも尊敬している。北東アジアの情勢が変化する中、安重根義士のことを学ばなければならない」と述べた。東京に住むA氏は「安重根義士の平和思想に関する本を書いている。日本の極右勢力が攻撃してくるかもしれないが、その志を広く知らせたい」と語った。

     安重根義士の遺骨を発掘するため、1990年代から何度も中国を訪れている行徳哲男氏は「遺骨を見つけるため百方手を尽くしたが、まだ見つかっていない」と残念がった。行徳氏は「安重根義士がすぐに処刑されていなかったとしたら、躍動感あふれる筆で文字を多く残していただろう」と、自ら書いてきた作品を参加者たちに配った。

     法政大学の牧野英二教授は、安重根義士の「東洋平和論」をドイツの哲学者カントの「永久平和論」と関連づけて解釈し、注目されてきた人物だ。牧野教授は「哲学者の立場から安重根義士の平和思想を研究し、韓日関係をより近くするのが目標だ。安重根義士に関する遺稿をさらに発掘し、韓国に返すことが使命だと考えている」と述べた。

     日本の生徒たちに「安重根の思想」を教える教師も2人出席した。高校で英語を教えている豊住伸治氏は、韓国語で「映画俳優アン・ソンギさんが出ている韓国映画がとても好きだ。安重根義士の志を知り、日本と韓国の若者たちが頻繁に交流すれば、両国は互いに理解し合える」と言った。十数年前から全州の学校との交流で韓国をよく訪れている中学校教師の鈴木仁氏は「若い世代が安重根義士の平和思想を共有することが重要だ」と語った。

     日本人に向けて安重根義士の思想についての講演をしている木谷道宣氏は、40年前に韓国に初めて行った時、偶然出会った韓国人から安重根記念館にぜひ行ってみなさいと言われたという。それ以降、200回以上も韓国を訪れているが、そのたびに安重根記念館に欠かさずに立ち寄り、「韓国が早く統一されるよう願っている」と言った。

     安重根義士崇慕会の理事長を務めている金滉植(キム・ファンシク)元首相は安重根義士の官選弁護士だった水野吉太郎が「安重根のことを考えるといつも涙が出る」と言ったことに言及した時、自らも目を潤ませた。金滉植氏は「機会あるごとに、日本に安重根義士の高貴な志をきちんと伝え、韓日両国が平和と繁栄の時代へと進めるようにしたい」と述べた。

     同日の会に先立ち、金滉植氏、カン・ドクキ元ソウル市長職務代理、李泰鎮(イ・テジン)ソウル大学名誉教授ら約20人の「安重根義士崇慕会」会員たちは9日、宮城県内の大林寺で主管する安重根義士追悼法要に出席した。同寺には安重根義士を尊敬した旅順刑務所の看守・千葉十七の墓があり、安義士の「為国献身軍人本分」(国のために献身するのは軍人の本分である)という石碑が建っている。

    東京=李河遠(イ・ハウォン)特派員

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<「安重根の平和思想、韓日の青年たちに伝えたい」 銀座で追悼会>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/12/2018091201196.html

    前スレ:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1536728691/
    ★1の立った時間:2018/09/12(水) 14:04:51.69

    引用元: ・【日韓】 「安重根の平和思想、韓日の青年たちに伝えたい」~元朝日新聞ソウル支局長ら銀座で追悼会★2[09/11]

    【韓国人のテロリストは「平和思想家」 【日韓】 「安重根の平和思想、韓日の青年たちに伝えたい」~元朝日新聞ソウル支局長ら銀座で追悼会★2[09/11] 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/11/01(木) 15:20:32.89 ID:CAP_USER
    防弾少年団めぐり日韓で舌戦


    2018年11月1日、環球時報は、韓国の人気ヒップホップグループ防弾少年団(BTS)の行動をめぐり、日本と韓国で舌戦が繰り広げられていると報じた。
    記事によると、韓国紙・国民日報は10月31日に「日本の極右メディアが先日、BTSのジミンがテレビ番組の中で『原爆Tシャツ』を着て登場したこと、
    さらに2013年8月15日にはリーダーのRMが『歴史を忘れた民族に未来はない』とSNS上に書き込んでいたことを取り上げ、
    『韓国人がここまで反日感情を持つのは、自国の歴史に対する強いコンプレックスがあるから』と評している」と伝えた。

    記事は、「この日本の報道が韓国社会の憤りを呼んだ」とし、旭日旗の使用禁止運動をしている韓国・誠信女子大の教授がSNS上で
    「日本メディアはBTSのあら探しをして、彼らのイメージを傷つけたがっている。そんな雑音に構う必要はない」と発言、多くの賛同が寄せられたと伝えている。

    韓国のネットユーザーも「日本はBTSが欧米で人気が出ていることに嫉妬しているんだ」「日本は韓国を見下し続けてきたが、
    まさかBTSのような世界的アーティストが出てくるとは思ってもいなかったんだろう。『日寇』たちの心理バランスが激しく崩れたのだ」など、
    日本メディアに対する激しい批判を展開していることを紹介した。

    一方で記事は、一部日本メディアによる猛批判とは裏腹に、今月13日より東京、大阪、
    福岡など9会場で行われるBTSの日本公演チケット計38万枚がすでに売り切れ状態にあることを伝えている。
    https://www.recordchina.co.jp/b658269-s0-c70-d0135.html

    【テレビ】 東京MXの番組が「『原爆シャツグループ』 紅白内定か」と表記、防弾少年団(BTS)ファンから苦情殺到★3
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1540369037/

    引用元: ・【日韓】 韓国人 「日本は韓国を見下し続けてきたが、まさかBTSのような世界的アーティストが出てくるとは思ってもいなかったんだろう」

    【【日韓】 韓国人 「日本は韓国を見下し続けてきたが、まさかBTSのような世界的アーティストが出てくるとは思ってもいなかったんだろう」 】の続きを読む

    このページのトップヘ