まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:韓国料理

    1: まるっとニュー 2021/02/11(木) 22:19:42.66 ID:CAP_USER
    海苔巻きはもう「スシ」ではなく「Gimbap」…欧州で韓国料理ブーム
    https://news.naver.com/main/read.nhn?m_view=1&includeAllCount=true&mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=050&aid=0000056595




    グーグルで検索量を調べた結果
    no title


    Sushi = 73
    Gimbap = 0

    引用元: ・【国際】韓国紙「もう海苔巻きはSushiではなくGimbap…欧州で韓国料理ブーム」 → 大嘘とバレる [動物園φ★]

    【いつも嘘つきだな【国際】韓国紙「もう海苔巻きはSushiではなくGimbap…欧州で韓国料理ブーム」 → 大嘘とバレる [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/04/16(火) 05:04:27.58 ID:CAP_USER
    中国メディアの華西都市報は15日、「韓国料理と中国料理、おいしいのはどっち?」という質問に対して外国のネットユーザーが寄せた回答を紹介した。

    記事はまず、中国料理の特徴が「色香味形意養」(色合い、香り、味、盛り付け、伝統作法、栄養)であるのに対し、韓国料理の特徴は「五色五味」(五色=赤、白、黒、緑、黄色、五味=甘い、酸っぱい、苦い、辛い、塩辛い)であると説明。そして外国のネットユーザーが韓国料理に対してどのようなイメージを持っているかについて、独自に調査した結果を発表した。

    その結果、「韓国料理の食材は成分などが中国のものと似ている。むしろより正統な中国料理に近い感じがする。韓国料理はキャベツやタマネギ、ジャガイモなどを発酵させたものが多い。中国料理は炒め物が多いが、韓国料理には多くない」「中国料理と同じく穀物も大事だけど、野菜も韓国料理には欠かせない」など韓国料理の中の野菜について言及したユーザーが散見されたという。

    また、「仮に日本料理をフランス料理だとすると、韓国料理はイタリア料理ってところじゃないかな」と大まかな印象を述べたユーザーもいたほか、「韓国料理には伝統があって、品目もたくさんあるけれど、何にでもキムチが付いているから辛い物が苦手な外国人には不人気。外国人が最も好きな韓国料理は、野菜と白米、牛肉、三枚肉、フライドチキンなどだ。」という意見や、「韓国料理は基本的にキムチがすべて。肉と飯、スープとおかずを用意して、多種多様なキムチと一緒に揚げたり焼いたりしたら大体美味しくなる。味は基本的にどれも同じだけど」という意見など、韓国料理においてキムチの占める重要性を述べたユーザーもいたという。

    他にも、「韓国料理は味が濃くて、一つ一つの料理にあまり手が込んでいない。中国料理にはあらゆるものが含まれるので、比べるのは難しい。料理の提供の仕方も少し異なる。日本料理店や中国料理点では料理が一品ずつ提供されるけど、韓国料理の場合は一度に全ての料理がテーブルに並べられる」といった印象を述べるユーザーもいたそうだ。

    これらを受けて記事は、「中韓それぞれの料理を一言で表すと、中国料理は『あらゆるものすべて』、韓国料理は『盛りだくさん』だと言えるだろう」とまとめた。(翻訳・編集/岩谷)

    https://www.recordchina.co.jp/b563205-s0-c60-d0035.html
    Record China 2019/04/16 00:10

    引用元: ・【韓国料理VS中国料理】外国人の印象は…―中国メディア「韓国料理は味が濃くて、一つ一つの料理にあまり手が込んでいない」[4/16]

    【李朝の頃は世界最貧国で未開の地だったし 【韓国料理VS中国料理】外国人の印象は…―中国メディア「韓国料理は味が濃くて、一つ一つの料理にあまり手が込んでいない」[4/16] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2016/11/01(火) 11:13:46.52 ID:CAP_USER
    Record China11月1日(火)9時50分

    2016年10月25日、韓国・世界日報によると、2008年に政府がもう一つの「韓流」を導くと信じて積極的に推進してきた韓国料理のグローバル化事業が、予想に反してふるわないことが分かった。

    2015年に文化体育観光部と韓国文化産業交流財団が14カ国6500人を対象にアンケート調査を行ったところ、「人気のある韓国の文化コンテンツ」において「韓国料理」が46%近くを占めた。「プルコギ」や「パジョン(チヂミ)」など一品料理にとどまっていた韓国料理の概念が「チキン」や「お粥」、「パン」など広がったことは一定の成果だと評価されている。

    しかし、農食品部がここ3年間(2015年基準)で個別産業振興法と韓国料理のグローバル化事業などで支援した品目の輸出はマイナスを記録している。代表ともいえるキムチは2013年に比べて2年ぶりに輸出量が21.5%減、マッコリも46.5%急減するなど、「韓国料理のグローバル化」が短期間に結果を残すことは難しいという指摘が相次いでいるという。

    また、「韓国料理はまだ孤立状態にある」とされ、その原因として、「韓国で実際に本場の韓国料理に接した外国人観光客の国籍が限定的である」点が挙げられるという。韓国観光公社によると、訪韓外国人観光客数は2012年以降4年連続で1000万人を突破したというが、その多くが中国や日本、台湾、フィリピン、タイといったアジア地域に集中している。このほか、旅行会社が「買い物」中心の低価格なツアー商品を打ち出すことが多く、「質の良い食事の提供」がおろそかだった点も指摘されている。

    来年には国内初となる「ミシュランガイド・ソウル版」の発刊が予定されており、これは外国人が見つめる「韓国料理」に対するバロメーターになる見通しだ。ある国内旅行会社の関係者は、「訪韓外国人観光客は、団体より個別観光を楽しもうとする傾向がある。グルメに関心を抱く旅行者が、ミシュランガイドを参考に新たな観光地を開拓できるだろう」と話している。

    これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

    「今の政権の韓国料理のグローバル化のやり方はひどい。ただ『キムチを食べてみて』とか。ご飯もなしにキムチなんてしょっぱいだけ。外国人がおいしいなんて言ってくれると思う?」
    「日本は欧米人の口に合うように改良を重ねていろいろ作ったっていうのに、韓国はキムチと味噌だけ(笑)。そんなにキムチを食べさせたかったら、外国人の口に合うように改良したら?」

    「ブルーベリーチヂミとかキムチチョコレートとか、そんなものを韓国料理だと思ってるから発展が見られないんだ」
    「カンジャン(醤油)チキンとか甘めのヤンニョムチキンは大人気。毎回バカの一つ覚えみたいにキムチとかチャプチェとか…。情けない」

    「LAの韓国料理店はすごい人気だよ。コリアンBBQにチキンに…料理自体も素晴らしいけど、それよりも食べ物文化が彼らには魅力的に感じられるのだろう。例えば直接焼いて食べるサムギョプサルとか、おかずの種類が多いとか、デリバリー文化とかね」
    「食べ方を広めることも重要。韓国人にとってキムチはおかずなのに、まるで主食であるかのように勘違いしてる人が多いと思う」

    「ダメなものを無理に広報するのはやめよう。インドカレーが世界中の人々に食べられるようになったのは、インド政府が広報したからなの?おいしいからでしょ」

    「イタリアがピザの広報してるのを見たことある?みんな好きに買って食べてるだけ。なんで(韓国料理を)外国人にまで食べさせようとするの?」
    「韓国料理をなんでグローバル化しなきゃならないのか…。その理由の方が気になる」(翻訳・編集/松村)

    http://news.biglobe.ne.jp/international/1101/rec_161101_8924540944.html

    引用元: ・【グルメ】“もう一つの韓流”韓国料理のグローバル化が不振、挽回のチャンスは? [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ダメなものはダメ】“もう一つの韓流”韓国料理のグローバル化が不振、挽回のチャンスは?】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/02(木) 09:39:22.34 ID:CAP_USER
    2016年6月1日、韓国・ノーカットニュースは、韓国で長年論争が続く韓国料理名「タットリタン」の語源について、新たな説が出されたと報じた。

    「タットリタン」とは、鶏肉を野菜と共に甘からく炒め煮にした鍋料理で、韓国ではポピュラーな家庭料理。
    韓国国立国語院の標準国語大辞典では、その語源は「タク(韓国語=鶏)+トリ(日本語=鶏)+タン(韓国語=湯)」と記されている。

    しかし最近、この名は日本語由来ではなく純粋な韓国語だとの主張が提起されているという。

    韓国食品研究院のクォン・デヨン博士は「純粋韓国語説」を唱える一人。

    博士は「私たちのおばあさんたちがタットリタンを食べた当時は日本語を知らなかったはず。
    また、鶏料理名にあえてまた『鳥』を意味する語を加える理由もない」と主張、料理名の「トリ」は、
    鶏をさばく調理工程を示す韓国語の動詞「トリチダ」から来たものとして、国立国語院の定義を否定した。

    国立国語院関係者によると、実は「タットリタン」の語源についていまだ決め手となる証拠は見つかっていない。
    同院では「タットリタン」を純粋な韓国語である「タッポックム(韓国語=炒め)タン」に「純化」した過去があるが、
    ここに至った過程についても記録がないというのだ。

    結局、現段階で真相は不明。クォン博士が主張する内容にも、文献の記載などの裏付けは今のところないようだ。

    「タットリタン」の語源については、韓国のインターネット上でもたびたび話題に上る。
    この記事には、ネットユーザーから1000件を超えるコメントが寄せられている。


    「こういうニュースを出してくれてよかった。自分一人が言い張ってるみたいで大変だったよ」

    「国立国語院は根拠もなしに仕事してハングルを破壊している」

    「『タッポックムタン』より『タットリタン』の方がおいしく感じる」

    「結局は何も分かってないってことか」

    「昔から言うじゃないか。『分からないなら黙ってろ』とね」

    「親日派がのさばっているから韓国語と日本語の区別がつかなくなっているんだ」

    「工事現場で使われる言葉も変えるべきだ。日本人なのか韓国人なのか分からなくなるよ」

    「『バリカン』は日本語だから使わないようにという話もあったね。でも『バリカン』はもともとフランス語と結論が出た」

    「日本に対するコンプレックスが生んだおかしな出来事」

    「国立国語院は絶対に信じない。何年かに一度、単語の発音を変えさせるくせにしばらくすると元に戻したり。冗談じゃない」


    2016年6月2日(木) 7時20分
    http://www.recordchina.co.jp/a140301.html

    引用元: ・【名】韓国の人気料理名の語源が日本語!?長年の論争再燃[06/02]©2ch.net

    【【コリアン・ナチズム】韓国料理名の語源が日本語だと論争になる国民】の続きを読む

    no title


    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 09:56:16.52 ID:???.net
    韓国の有名シェフ 来月大阪で韓国料理のワークショップ

    【ソウル聯合ニュース】世界を舞台に活躍する韓国のシェフ、エドワード・クォン氏が
    7月6日に大阪の韓国文化院でクッキング・ワークショップを行う。韓日国交正常化50
    周年を記念し、大阪韓国文化院が主催する。

     クォン氏は「韓<食>を料理する」と題し、韓国料理の魅力と食文化を通じた韓日交流に
    ついて講演する。「ビビンバサラダ」と「鶏カルビ小麦包み」の試演会と試食もある。
    国際会議に出席した海外の首脳にも提供されたメニューで、クォン氏は「フュージョン
    ではなく現地の人の味覚に配慮した伝統的な韓国料理は、どこでも好評だった」と話す。

     韓国文化院の関係者は「大阪は在日同胞が最も多く暮らし、韓国料理になじんでいる
    所だが、知られているのは主に家庭料理だ」とした後、「海外で韓国料理を広めようと
    先頭に立ってきたクォン氏を通じ品格あふれる韓国料理を紹介し、高いレベルの食文化
    交流を試みる計画だ」と説明した。

     申し込みは大阪韓国文化院のホームページ(イベント欄)から。29日まで。

     クォン氏は7月4日に東京のABCクッキングスタジオで講演と試演、5日に世界
    韓人貿易協会東京支会の会員向けに講演を予定する。

    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/06/29/2015062900793.html

    引用元: ・【日韓】韓国の有名シェフ、来月大阪で韓国料理のワークショップ 品格あふれる韓国料理を紹介へ

    【盆栽みたいな料理が見れるのか 【日韓】韓国の有名シェフ、エドワード・クォン氏が大阪で韓国料理のワークショップ 品格あふれる韓国料理を紹介へ】の続きを読む

    このページのトップヘ