まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:韓国系

    1: ■忍法帖【Lv=3,ばくだんいわ,95e】 タヌキ◆RJGn7rgICeX. 2017/06/12(月)09:35:21 ID:jmB
    ◆像の除幕式に元慰安婦出席 米ジョージア州、韓国系団体が計画 幹部「日本人は被害者ぶるな」
    [産経ニュース 2017.6.11 08:37]


     【ロサンゼルス=中村将】米南部ジョージア州ブルックヘブン市の公園に
    慰安婦像が設置される問題で、韓国系団体は元慰安婦らを韓国から訪米させ、
    今月末の除幕式に出席させる計画を進めていることが分かった。米国での像設置は、
    慰安婦問題の解決をうたった日韓合意以降初めて。韓国系団体幹部はメディアの
    取材に「日本人は被害者ぶるな」と日本非難を鮮明にしている。

     像設置は同州アトランタの団体が推進しており、5月23日の市議会で設置が
    認められた。公園の芝の上にはすでに像を覆っているとみられる大きな箱が
    置かれている。除幕式は30日に行われることが決定した。

     元慰安婦のほか、韓国の支援施設「ナヌムの家」の安信権所長や、米連邦下院で
    慰安婦問題での日本非難決議を主導したマイク・ホンダ前議員も出席を
    予定している。「コリア・デイリー」など複数の在米韓国系メディアが報じた。

     団体幹部が市議会で訴えた内容も新たに判明。幹部は「韓国、中国、日本を
    含む13カ国、20万人以上の女性が人身売買され、性奴隷となった」「慰安婦の
    歴史は近代で一番大きい性奴隷制度」などと日本政府の立場と反する“常套句”で
    訴え、「最終的には(慰安婦の)ほとんどが旧日本軍によって殺された」
    と根拠不明の主張も付け加えた。

         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/world/news/170611/wor1706110007-n1.html

    引用元: ・【産経・歴史戦】像の除幕式に元慰安婦出席 米ジョージア州、韓国系団体が計画 幹部「日本人は被害者ぶるな」[H29/6/12]

    【【韓国は被害者ぶるな】韓国系団体幹部「日本人は被害者ぶるな」ジョージア州ブルックヘブン市に慰安婦像設置】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=2,じごくのよろい,95e】 タヌキ◆RJGn7rgICeX. 2017/04/11(火)08:44:31 ID:jIP
    ◆韓国の「仁義なき犯罪」 米兵を“捨て駒”に覚醒剤を密輸 国の護りを裏切るカンナム・スタイル
    [産経WEST 2017.4.11 05:30]


     韓国で「仁義なき犯罪」が明らかになった。米兵をそそのかして利用し、
    覚醒剤4・1キロ(130億ウォン=約13億円分)を米国から韓国へ
    密輸入しようとした韓国系犯罪組織が摘発されたのだ。北朝鮮の軍事的脅威から
    韓国を守るため駐留している“守護神”の米軍兵士さえも犯罪に巻き込み利用する
    信じがたい行為に、米国はどう対応するのか。  (岡田敏彦)

    ■ 13万6600回

     犯行の詳細は米軍準機関紙スターズ・アンド・ストライプス(電子版)や
    韓国各紙が3月中旬に一斉に報じた。韓国各紙によると、犯行が行われたのは
    昨年12月。首都ソウル近くの仁川(インチョン)空港に、在韓米軍兵士向けの
    軍事郵便物が到着した。

     税関で検査したところ、朝食用のシリアルが10箱詰められており、そのうち
    3箱から、ビニール袋にたっぷり詰められた覚醒剤(メタンフェタミン)が
    見つかった。その重量は計4・1キロ、末端価格で13億円分という
    希に見る量だった。

     地元韓国の水原地検平沢支庁刑事2部長のカン・スサンナ検察官は、
    スターズ・アンド・ストライプス紙の取材に「これは米軍事郵便を(悪用し)
    摘発された薬物量では過去最大だ」と話したという。通常の一回投与量は
    約0・03ミリグラムで、摘発された4・1キロは13万6600回分にものぼる。
    韓国の犯罪組織の手に渡れば、麻薬汚染が広がるのは間違いない。

         ===== 中略 =====

     捜査当局では主犯格の男が韓国内で直接、在韓米兵士をそそのかしたわけではなく、
    韓国内にも仲間がいたことを突き止めた。韓国通信社の聯合ニュースによると、
    共犯者は、米国に住む移民2世が2人(主犯格を含む)。さらに韓国系移民で、
    「米国でさまざまな犯罪を犯し」て、米国から国外追放されていた4人が犯行に
    関わっていたことがわかった。地元紙の京郷新聞(電子版)によると、この6人は
    すべて20~30代の韓国系移民2世だという。

         ===== 中略 =====

     本来、国を守るべき韓国軍は、その指揮権を米軍に“献上”している。
    朝鮮戦争(1950~53)で韓国軍は敵前逃亡を繰り返したあげく総崩れとなり、
    兵士がどこにいるのか、そもそも部隊が存在しているのかもわからない状態となった。

         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/west/news/170411/wst1704110006-n1.html

    引用元: ・【産経・軍事ワールド】韓国の「仁義なき犯罪」 米兵を“捨て駒”に覚醒剤を密輸 国の護りを裏切るカンナム・スタイル[H29/4/11]

    【【関わるとろくな事に成らない】韓国系犯罪組織、米兵を“捨て駒”に覚醒剤を密輸】の続きを読む

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2017/04/05(水)22:41:47 ID:7fU
    在外同胞財団(朱鐵基理事長)が、増加の一途にある日本国籍同胞の包容政策作りに着手した。
    同胞が日本国籍を取得した後も、母国との連携を保ち、民団などのコミュニティで活動できるよう、支援の足場を固めるというものだ。

    3月31日、ソウル市内で開催された専門家懇談会に、発表者として参加した金相奎エコノミーニュース編集主幹は
    「在日同胞の民族教育研究は、弾圧への抵抗などの社会運動史的観点や、政治イデオロギー的な部分に偏っており、
    『独立研究分野』として定着していなかった」と指摘した。金編集主幹は教育部出身で、東北大と早稲田大で法学を専攻した経歴を持つ。

    さらに金編集主幹は、在日同胞の最大の課題となっている民族同質性の回復には、教育が重要との考えを示した。
    在日同胞の民族教育の問題としては、韓国系では韓国への帰国を前提とした在外国民教育と、日本での生活に合わせた民族教育が混在しており、
    北韓系は平壌政権の政治思想教育が、近寄りがたい問題点として指摘されてきた。

    霊山大学国際学研究所の崔永鎬所長は「在日同胞を血統ではなく、国籍で見る認識は避けるべきだ」と訴え
    「民族の紐帯感の形成には、通常の学校教育ではなく、ハングル学校のような非正規の教育システムを有効活用するのがより効率的だと考える」と述べた。

    李民晧・本紙ソウル支社長は「政府内の在日同胞教育担当は、教育部、同胞財団、文化体育観光部に分かれているが、組織を一本化する必要がある。
    ハングル学校の場合、同胞財団が主管機関であるのに、教育部も別の名目で支援しており(支援の)二重受領問題など、管理面で抜け穴が見られる」と指摘した。

    在外同胞財団の朱理事長は「国籍を変更すると同胞ではないと考えられたり、自ら韓国と縁を切らなければと考える風潮は明らかに問題がある」と述べ、
    「彼らを民族の資産として包容し、韓民族の一員としてともに歩むための実践的方案を見つけなければならない」と語った。

    2000年代半ば、年間1万人に迫っていた日本国籍取得者数は最近、年平均5000人ほどに減った。
    しかし、この傾向が続けば、2025年ごろには日本国籍の同胞が、韓国国籍同胞の数を上回ると予想される。

    国籍変更者を「帰化者」と呼び、韓民族ではなく、日本人と見なす風潮が残っている在日同胞社会と韓国社会。
    在外同胞財団が、日本国籍同胞の包容政策をどのように具体化していくか、成り行きが注目される。

    http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=82568&thread=04

    引用元: ・【統一日報】「日本帰化後も韓国の資産として許容し韓民族の一員として歩ませる」日本籍に帰化した在日韓国人のための「同胞包容策」、在外同胞財団が打ち出す[4/5]

    【【予想通りの展開】韓国在外同胞財団「韓国系帰化日本人は韓国の資産、韓民族の一員」】の続きを読む

    1: 鴉 ★@無断転載は禁止 2017/03/19(日) 21:36:42.46 ID:CAP_USER
    本名貫いて日本人に


    ■1981年・決勝

     本名で甲子園に出たことへの反響から、韓国人であることを再認識した京都商のレフト韓は、法大で野球を続けた。

     20歳の時だ。父から日本国籍取得を勧められた。韓は当惑した。在日韓国人には韓国人としての誇りがある。

    それが甲子園で得た価値観だった。しかも、父は自分に本名を使わせたではないか……。

     「いや、違う。国籍と自分のルーツは別問題だ」と父は続けた。

     「日本国籍をとると、『韓国を捨てた』という意識を持たれがちだが、国際的にはおかしい。米国にいる人たちは韓国系米国人となって、選挙権を持ち、韓国系ということを主張して生きている」

     共感した韓は法務局に出向いた。だが、「韓裕(かんゆう)」の名で帰化を申請すると、通名以外は認めないとの対応だった。韓は言った。

    「私はルーツを隠すために帰化するのではない。日本で生きる一国民としての権利を得るために帰化するのだ」。後に父も掛け合い、「前例がない」と法務局で言われた本名での国籍取得を果たした。

     パチンコ店経営の最大手マルハン社長。さらに戸籍の読みをルーツの「はんゆう」に変えている。

    朝日新聞
    http://digital.asahi.com/articles/DA3S12847319.html

    引用元: ・【話題】在日コリアン「在日には韓国人としての誇りがある」「韓国系として権利を得るために帰化する」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本に忠誠を誓わせないとな】在日コリアン「韓国系として権利を得るために日本に帰化する」】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/06/29(水) 19:47:17.96 ID:CAP_USER
    佐賀県が推進してきた「先進的ICT利活用教育推進事業」の一環として開発された教育情報システムから、県立高校の生徒など延べ1万5000人以上の個人情報が流出していたことが判明。

    佐賀市内に住む17歳の少年が、不正アクセス禁止法違反容疑で警視庁に逮捕された。

    不正アクセスを許したのは、平成25年4月から県教員が運用を開始していた佐賀県教育情報システム「SEI-Net(セイネット)」。

    セキュリティの脆弱さを衝かれた形だが、このシステムの導入時に実施された業者選定で、不正が行われていた可能性が極めて高いことが分かった。

    SEI-Net導入で疑惑の選定

    「SEI-Net(セイネット)」とは、佐賀県教委と凸版印刷が開発したとされる教育情報システム。同社のホームページでは次のように紹介されている。

    ≪佐賀県全体における、学力向上のための環境整備の1つ。具体的には、小学校や中学校、高等学校に通う児童・生徒について、教職員が出欠管理や成績管理、保健管理などの情報をシステムに入力して専用のセキュリティサーバに蓄積。

    情報の授受は専用回線を通じて行うことで県教育委員会と市町教育委員会が連携し、児童・生徒一人ひとりの情報を、小学校から高等学校にいたるまで一括して参照できるため、個人の進捗状況に合わせた、より的確な指導が可能になります。≫
     
    県教委は、先進的ICT利活用教育推進事業の一環として基幹システムの構築を目指し、平成23年に民間企業への業務委託という形で研究開発に着手。

    24年5月に基幹システムの詳細設計や運用を担う業者を選定するため総合評価方式の入札を行い、凸版印刷が落札していた。不正の疑いが持たれているのは、この時の入札。もっとも重要な技術点の評価で、意図的な操作が行われた可能性がある。

    下は、佐賀県教委への情報公開請求で入手した資料を基に、総合評価における選定委員ごとの技術評価点を表にしたものだ。

    ベネッセコーポレーションに最高点を付けた委員が4人いるのに対し、凸版印刷に最高点を付けた委員は3人しかない。この2社に絞って確認してみると、ベネッセの入札価格は「6億1,660万円」、凸版は「6億3,460万8,000円」。

    どう見てもベネッセ有利のはずだが、結果は凸版の勝利だった。何故か――。次の表は、上掲の委員別評価点を入札業者ごとに足し、平均点を出したものだ。凸版が1位になっている。

    7人中4人が最高評価を付けたベネッセが外され、3人の支持しか得られなかった凸版が選ばれたのは、凸版を推した3人の委員の点数が異常に高かったせいだ。

    満点は1600点。渡辺委員、廉委員の2人が満点に近い点数で、福田委員も高い評価。ベネッセに大きく差をつけた採点を行っていた。

    渡辺委員: ベネッセ=1004点  凸版=1556点 552点差
    福田委員: ベネッセ=1068点  凸版=1492点 424点差
    廉 委員: ベネッセ= 980点  凸版=1580点 600点差

    一方、ベネッセを選んだ4人の委員は、こう採点している。

    志岐委員: ベネッセ=1312点  凸版=1248点 64点差
    森本委員: ベネッセ=1472点  凸版=1088点 384点差
    中村委員: ベネッセ=1340点  凸版=1220点 120点差
    古川委員: ベネッセ=1416点  凸版=1144点 272点差

    いかに偏った採点だったかは、凸版派3人で1576点もの差をつけているのに対し、ベネッセ派の点差が840点でしかなかったことでも分かる。

    入札価格の点数は、『800点-{(入札価格×1.05/予定価格)×800点}』で計算しており、ベネッセは22.82点、凸版は0.12点。技術評価で105点開いてしまえば、逆転は不可能。

    技術点ですべてが決まる入札だった。渡辺、福田、廉3委員の偏った採点は、凸版を勝たせるための意図的なものだった疑いがある。

    「HUNTER」 2016年6月28日
    http://hunter-investigate.jp/news/2016/06/-ictsei-net25-sei-netict-26ict-2326-25650.html
    no title

    no title

    引用元: ・【国内】情報流出の佐賀県教育情報システム 業者選定で不正の疑い チラつく韓国系企業の影[6/28] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【国内】不正入札に韓国系が関与?佐賀県教育情報システム「SEI-Net(セイネット)」】の続きを読む

    このページのトップヘ