まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:首相

    1: まるっとニュー 2019/06/24(月) 18:42:34.19 ID:CAP_USER
    【バンコク時事】カンボジア南部シアヌークビルで起きた建設中のビルの倒壊で、地元当局は24日、死者が25人に達したことを明らかにした。多くの作業員ががれきの下敷きになっており、犠牲者は増える可能性もある。

    建設中のビル倒壊、19人死亡=カンボジア
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062300275&g=int

     中国企業が建設していたビルは22日早朝に倒壊した。救助活動は夜を徹して続けられ、これまでにがれきの75%を撤去したという。捜査当局はビル建設に関係していた中国人3人とカンボジア人1人を拘束した。
     タイで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議に出席したフン・セン首相は23日に帰国後、直ちに現地入りした。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062400648&g=int
    時事ドットコム

    no title

    23日、ビルが倒壊したカンボジア南部シアヌークビルの現場で続く生存者の捜索(AFP時事)

    引用元: ・【中国企業建設】ビル倒壊死者25人に=首相が現地入り-カンボジア[6/24]

    【一帯一路とはこういうもの【中国企業建設】ビル倒壊死者25人に=首相が現地入り-カンボジア[6/24] 】の続きを読む

    1: ひろし ★ 2018/10/30(火) 21:39:00.57 ID:CAP_USER
    徴用工訴訟の原告勝訴 韓国首相「司法の判断を尊重」

    【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は30日、日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者4人に対し、新日本製鉄(現新日鉄住金)に損害賠償を命じた韓国大法院(最高裁)の判決について、司法の判断を尊重し、判決に関する事項を綿密に検討するとの立場を明らかにした。

     李首相はこの日午後、大法院の判決後に政府ソウル庁舎で外交部・法務部・行政安全部長官と非公開の会議を開催。会議後に同訴訟に関する政府の立場を書面で発表した。

     李首相は「関係する部署や民間の専門家などと共に諸般の要素を総合的に判断し、政府の対応策を用意する」と話した。

     また「政府は強制徴用被害者が経験した苦痛を遺憾に思い、被害者の傷ができる限り癒えるよう努力していく」と伝えた。

     その上で李首相は「政府は韓日の両国関係を未来指向的に発展させていくことを希望する」と付け加えた。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000065-yonh-kr

    引用元: ・【徴用工訴訟の原告勝訴】韓国首相「司法の判断を尊重」「被害者の傷ができる限り癒えるよう努力していく」

    【【徴用工訴訟の原告勝訴】韓国首相「司法の判断を尊重」「被害者の傷ができる限り癒えるよう努力していく」 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/04/30(月) 10:38:16.18 ID:CAP_USER
    シュレーダー元独首相パートーナーの韓国人前夫が1億ウォン求める訴訟「婚姻破綻に責任」
    4/30(月) 10:21配信
    中央日報日本語版

    シュレーダー元ドイツ首相(右)とキム・ソヨン氏が1月25日にソウルのプレスセンターで結婚発表の記者会見をしている。

    シュレーダー前ドイツ首相の韓国人パートナーのキム・ソヨン氏(48)の前夫がシュレーダー前首相を相手に1億ウォンの損害賠償請求訴訟を起こした。

    シュレーダー前首相のために婚姻関係が破綻に至っただけに精神的苦痛にともなう慰謝料などを支払えという主張だ。

    30日の法曹界などによるとキム氏の前夫A氏はこのほどソウル家庭裁判所にシュレーダー前首相を相手取りこうした内容の訴訟を提起した。

    A氏は「シュレーダー前首相はキム氏が家庭を持つ人妻という事実を知っていたのに数回にわたり不貞行為を行い原告に耐えがたい精神的苦痛を与える違法行為を行った」と主張した。

    続けて「(キム氏との)婚姻関係が破綻に至ることになり、これに対する違法行為の責任を負わなければならないだろう」と強調した。

    シュレーダー前首相とキム氏の熱愛説は昨年9月にドイツで始まった。シュレーダー前首相と離婚訴訟中の前妻が決別理由としてキム氏に言及して明らかになった。

    その後昨年11月にキム氏もA氏と合意離婚した。A氏は合意離婚の条件がキム氏とシュレーダー前首相の決別のためだったと主張した。

    その上に今年1月にシュレーダー前首相はキム氏とのパートナー関係を公式化した。そして同月25日にはソウルでキム氏とともに記者懇談会を開き年内に結婚する意向を伝えた。

    A氏は「キム氏がシュレーダー氏と別れることが確認されれば離婚すると私が話をしたらキム氏がこれを約束した。しかしキム氏は最初からシュレーダー氏と別れるつもりもなかったし、約束を守る意志もなかったのに、離婚のために私を欺いた」と主張した。

    また「(記者懇談会当時にキム氏が)離婚して数年になる」と話し、周りの人からの「数年前に離婚したのは事実か」という質問に苦しめられるなど、虚偽事実の流布による名誉毀損も受けたと付け加えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00000010-cnippou-kr

    引用元: ・【国際】韓国人がシュレーダー元独首相に1億ウォン求め提訴

    【【国際】韓国人がシュレーダー元独首相に1億ウォン求め提訴 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/07/26(水) 19:34:45.18 ID:CAP_USER
    no title


    camomille @camomillem

    蓮舫代表の質問が、蓮舫氏自身への問いかけにしか聞こえない件

    重国籍に関するこれまでの蓮舫発言https://twitter.com/camomillem/status/888647133502373888 … #kokkai #閉会中審査

    2017年Jul25日 20:50


    国会の閉会中審査が終わった。加計学園についての集中審議で何か出てくるのかと思ったが、野党は何も出せなかった。そもそも最初から、これは何が違法なのかわからない事件だった。首相の問題だから多少の疑惑が追及されるのはしょうがないが、森友学園の用地買収にからむ不正のような違法性の疑惑さえなかった。

    文科省から出てきた怪文書を否定した菅官房長官の初期の対応はまずかったが、その中身は加計学園の獣医学部新設が「総理の意向」だという内閣府の話を文科省の官僚が書いたメモにすぎない。たとえ国家戦略特区で首相の意向が働いたとしても、金銭の授受がない限り違法性はない。

    特区は内閣府の所管だから、文科省の縄張りを守りたい前川喜平氏は不愉快かもしれないが、特区とはそういうものだ。「総理は自分の口からは言えないから、私が代わって言う」という和泉補佐官の言葉さえ否定され、前川氏は証拠が出せなかった。それが彼の憶測だといわれてもしょうがない。

    しかも安倍首相は、加計学園の件を知ったのは「今年1月20日」だと答弁している。その細部に誤りがあったが、話は一貫している。蓮舫代表がそれを「虚偽答弁だ」というなら、20日ではない証拠を出さないと話にならない。きょうの審議で彼女はこう質問した。

    蓮舫氏「私たちは何を信頼すればいいのか。『記録を出してください』と言ったら『破棄された』。『証言してください』と言ったら記憶をなくす。そして『丁寧に説明する』と言った総理が『国会の答弁は正確でなかった』と、聞かれて初めて修正する。国会の審議は何なんでしょうか」

    首相「国家戦略特区諮問会議にかかる際に、議長である私にそこで初めて説明があるわけなので、1月20日ということは重ねて申し上げておきたいと思う」

    蓮舫氏「もはや全く信頼できない。総理。予定されている国会の日程は、きのうの衆院予算委員会5時間、きょうの参院予算委員会5時間。まさかこれで幕引きと思っていませんよね」

    同じことを彼女にもいいたい。私たちは何を信頼すればいいのか。「1985年に台湾籍から帰化」したという彼女の選挙公報は虚偽だが、それを指摘されたら最初は逃げ回り、逃げられなくなったら「あの時は正確でなかった」と説明した。おまけに出てきたのは失効した1984年の旅券で、それで台湾国籍が喪失できたとは考えられない。

    最大の違いは、安倍首相の行為は違法ではないが蓮舫代表の行為は違法(公選法違反・国籍法違反)だということだ。公選法違反は今でも選管が選挙無効を宣告したら、議員歳費の返還を求めることができる。国籍法違反(1989年から2016年まで27年間)の証拠もそろっている。もはや全く信頼できない。まさか今月18日の記者会見で幕引きとは思っていないだろう。首相に退陣を求めるなら、まず自分が辞任してはどうだろうか。


    http://agora-web.jp/archives/2027408.html
    2017年07月25日 21:30

    引用元: ・【アゴラ】安倍首相は違法ではないが蓮舫代表は違法である[7/25] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【きっちり罰を与えろよ】「安倍首相は違法ではないが蓮舫代表は違法である」アゴラ】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 16:40:51.52 ID:CAP_USER.net
    【時論】オバマは「元」大統領として広島訪問を
    2016年04月18日11時25分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    広島出身の政治家の岸田文雄外相とジョン・ケリー米国務長官が合作演出した広島主要7カ国(G7)外相会合(4月10-11日)は徹頭徹尾、オバマ大統領の「広島平和記念公園」訪問への道を開くためのものだった。ケリー長官は予定時間を超えて資料館に50分間もいたし、計画になかった原爆ドーム視察を先に日本側に提案した。しかも記者会見でオバマ政権が推進する国際協力主義の重要性を訴えながら「オバマ大統領を含むすべての人が広島に来なければいけない」と力説した。5月のG7首脳会議のために伊勢志摩を訪問するオバマ大統領に対して広島を訪問してほしいと公開的に進言するものだ。

    G7外相会合で採択した「広島宣言」は「広島および長崎の人々は、原爆投下による極めて甚大な壊滅と非人間的な苦難という結末を経験した」で始まる。人類最初の原子爆弾による犠牲という文明史的な災難は、人類の記憶、平和の祈願を触媒する重要な記録として残らなければいけない。広島・長崎の原爆投下で21万人が命を失い、40万人の被爆者を生んだ。その中には韓国人の死者3万人、被爆者4万人(推定)も含まれている。さらに66年後の2011年3月11日の福島原発爆発事故はもう一つの災難だった。日本はこうした点で「原子力」を媒介に近代のエネルギーと科学技術、政治と戦争と災難という完ぺきな文明史的実験場になった特殊な位置にいる。

    我々は人類共同体、地球村社会の構成員として、広島・長崎・福島の悲劇は決して繰り返してはいけない人類史的な克服課題という事実認識に限りなく謙虚でなければいけない。原子力(科学)-原子力発電(エネルギー)-原子力武器(戦争)-大災難-非核化-平和にいたる政治社会的、そして生命的な存在論的脈絡にまで及ぶ総合的な視点で広島・長崎の惨劇と福島の災難を黙想しなければいけない。単純に戦争の反対概念としての平和だけでなく、歴史の平和、正義の平和にまでいたってこそ、日本の3回にわたる原子力災難から平和を祈り平和を築くことができる。

    日本はこの点で非常に背反的な記録を持ち、今でも保有している。こうした途方もない太平洋戦争(日本の表現で大東亜戦争)を起こしても公式的な戦争記念館がなく、戦争に敗れながらも敗戦を認めず終戦だけあると記録している靖国神社の遊就館が代表的な例だ。同じく広島平和公園の「平和」も非常に背反的だ。

    ウィリアム・ペリー元米国防長官は広島を2回訪問した。ペリー氏はその所感を次のように書いている。「広島で原爆に関する展示物、説明を目にした時、その悲惨さを訴える文言や写真は数多かった半面、そのような惨劇がなぜ起こったかのかについての記述が一切なかったことに違和感を覚えた。どうして、原爆の投下という悲運に日本は見舞われなければならなかったのか。その原因について自問、自省する文言を広島で目にすることはできなかった。いろいろな事情があるとは思うが、そのことを私はとても残念に思っている」(経済新聞、2010年12月31日付)

    背反的だと強調するのは、このように惨憺たる原子力災難を経験しながらも、中曽根康弘-安倍晋三につながる日本の右翼本流は核兵器化を1950年代から着実に推進してきたというところにある。日本の原子力の父は科学者でなく政治家の中曽根だ。70年の防衛庁長官時代には「日本憲法も防御用核兵器は禁止していない」と主張し、2006年4月には「日米安保条約をやめさせられるなどの大変動がある場合に備えて核問題を研究する必要がある」とも述べた。当時、安倍首相は「核武装議論を封鎖するのは不可能」と加勢した。麻生太郎外相(現副総理)も同じだった。彼らはともに核兵器推進の発言を取り消したことがない。今でも生きている日本の権力だ。

    オバマ大統領の2009年のプラハ宣言で始まった「核なき世界」に対する誠意、そして「非核・平和」のためのこれまでの努力は非常に印象的だ。オバマ大統領はノーベル平和賞受賞者として広島平和公園を訪問し、非核・平和メッセージを伝えたいという「個人的」な動機もあるだろう。

    しかしオバマは米国大統領であり米軍最高司令官だ。アジアの地政学的な現実を考慮した広島訪問はケリー-岸田の演出で足りる。オバマは日本の中曽根と現首相・副総理に対し、過去の発言や日本の二律背反的な核兵器政策の真意について改めて尋ね、回答を得る手続きを踏んだ後、広島訪問を検討しなければならないだろう。

    http://japanese.joins.com/article/622/214622.html?servcode=100&sectcode=140

    引用元: ・【中央日報】日本の首相が南京記念館と韓国独立記念館を訪問するまで米国大統領は広島を訪問してはならない

    【オバマに直接命令してこい【中央日報】日本の首相が南京記念館と韓国独立記念館を訪問するまで米国大統領は広島を訪問してはならない】の続きを読む

    このページのトップヘ