まるっとニュー速

まるっと、○っと、○○なニュース

    タグ:鳥

    1: まるっとニュー 2019/07/02(火) 00:26:06.81 ID:CAP_USER
     1日午後、韓国空軍が江原道の非武装地帯周辺で鳥の群れを正体不明の飛行物体と誤認し、戦闘機を出動させていたことが分かった。韓国軍の合同参謀本部は、同日午後1時ごろ江原道中部戦線の非武装地帯(DMZ)で正体不明の航跡がレーダーに捕捉され、調査の結果、鳥の群れと確認されたと説明した。韓国軍はこの日、KF16戦闘機まで発進させたが、パイロットが肉眼で鳥の群れであることを確認した。韓国軍当局は先月、北朝鮮の漁船が韓国海軍や海洋警察の監視網をかいくぐって韓国東海岸の港に入港した事件をめぐり、監視体制や会見内容が不十分だとして世論の批判を浴びた。そのことを意識したのか、今回は未詳の航跡が捕捉された時点でメディアに公表するという異例の対応を取った。

     合同参謀本部は、軍のレーダーに捕捉された航跡が、9.19南北軍事合意に基づく北朝鮮側の飛行禁止区域より南の上空で確認されたと説明した。昨年11月から施行されている軍事合意では、軍事境界線(MDL)から10-40キロ以内での航空機の飛行を禁じている。そのため、この未詳の航跡が北朝鮮の飛行物体や無人機であれば、軍事合意違反に該当する可能性があった。

     しかし、軍当局が分析した結果、飛行物体は鳥の群れ約20羽と確認された。軍のレーダーが捉えた航跡は、高度1万5000フィート(約4.5キロ)上空だった。軍当局は当初、この物体が飛行体なのか、無人機なのか、鳥の群れなのか判別できず、ヘリコプターと戦闘機を出動させて対応に当たったという。

     韓国軍当局は、未詳の航跡が捕捉されたと発表してから1時間10分後、この物体が鳥の群れであることを最終的に判断し、事実を公表した。

    ピョン・ジヒ記者

    ソース:朝鮮日報日本語版<北漁船亡命で過敏に? 韓国軍が鳥の群れを飛行体と誤認し戦闘機発進>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/01/2019070180258.html

    【何か後ろめたい事でもしてたのかな 【軍事】 韓国軍が鳥の群れを飛行体と誤認して戦闘機発進~北漁船亡命で過敏に?[07/02] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/07/23(火) 03:15:22.48 ID:CAP_USER
    韓国メディアによると、慶北奉化にある大企業『石浦製錬所』の工場内にある地下水を検査したところ
    様々な重金属の中にりカドミウムの量が実に基準値の3万7000倍に達する数値が検出され、
    近辺では魚や渡り鳥が大量死するなど問題が発生していると報じれています。

    https://livedoor.blogimg.jp/zap2/imgs/a/3/a306f763.jpg

    韓国メディアSBSによると環境省は石浦製錬所の敷地内にある33箇所での地下水試料を採取しそれぞれ検査したところ、
    33箇所すべて重金属であるカドミウムが基準値を大幅に超える数値が検出されたとしています。
    数値は最大3万7000倍以上という深刻さだったとしています。

    https://youtu.be/wL_R1jPUVt0

    記事によるとあわせて水銀、鉛、クロムなども検出され一部では基準値を超えていたとしています。
    問題はこの地下水が製錬所の前を通る川に明らかに流出し続けていることです。

    検査した数値については工場がある上流の水と工場付近の川の水を比較した場合、
    工場付近では重金属の数値が4,500倍ほど高かったとしています。

    https://livedoor.blogimg.jp/zap2/imgs/0/3/03dbc537-s.jpg

    なぜ重金属で汚染されている汚染水が漏れ出しているのか。
    工場では製錬過程で発生した汚染水は浄化装置を通るようになっているものの
    この企業は不法に配管を設置した未処理の汚染水を垂れ流している事実も明らかになったといいます。

    この企業については少なくとも2014年ごろより環境汚染が発覚していたといい、
    過去には操業が停止させられるなど問題が繰り返されていたとしています。

    そしてこの企業が垂れ流していたカドミウムを含む重金属の汚染水は韓国南部の
    最大の水源にもなっている洛東江に流れ続けているという点です。

    記事によると近年この河川で多くの魚と渡り鳥が大量死している現状が明らかになっており、
    環境活動を続けているグループの発表として期間は不明なのですが、
    27羽の鳥の死骸が見つかったとしており今日までに50羽あまり回収しているなどとしています。

    no title


    カドミウムといえば日本人ならば誰もが知っている四大公害病の1つ富山県で発生した『いたいたい病』が有名です。
    これはカドミウムに汚染された水を飲んだりその水で作られたコメなどを口にすることで人体ではカルシウムの吸収量が減り、
    少しでも体を動かしただけでも骨折するなどの症状がでる病気です。

    21世紀に入った現在でもこのような汚染水を垂れ流し続けている企業があるというのは驚きなのですが、
    韓国ではいたいたい病に似た症状は出ていないのかは記事を読む限りでは記載されていません。

    http://zapzapjp.com/55309183.html

    引用元: ・【韓国】地下水から3万7000倍超のカドミウム、魚や鳥が大量死[07/23]

    【韓国水産物全面輸入禁止はよ 【韓国】地下水から3万7000倍超のカドミウム、魚や鳥が大量死[07/23] 】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/04/04(木) 00:21:16.98 ID:CAP_USER
    http://img.etoday.co.kr/pto_db/2019/04/600/20190403153735_1316947_1200_900.JPG
    ▲我が国初の女性飛行士、権基玉(クォン・キオク)

    4月11日は政府が国家記念日に制定した「大韓民国臨時政府樹立記念日」だ。今年で100周年をむかえた「大韓民国臨時政府樹立記念日」を記念して今回の「大韓民国1号」(記者注:韓国で最初の事物、人物を扱う連載記事)では私たちが記憶すべき隠れた人物に関する話を探してみた。

    その主人公は我が国初の女性飛行士であり独立活動家の権基玉(クォン・キオク)先生だ。
    (中略:ライト兄弟等、飛行機の歴史)

    ライト兄弟は人が空を飛ぶロマンを夢見たとすれば、それから20年後、大韓民国には祖国独立のために「青い空を飛んで日本に爆弾を運ぶ」という夢を見た人がいた。クォン・キオクだ。クォン・キオクは日帝強制占領期間、南京国民政府航空で副飛航員、大韓愛国婦人会社交部長などを歴任した独立活動家であり飛行士だ。

    1919年、平壌(ピョンヤン)崇義女学校在学中3・1独立万歳運動に参加したクォン・キオクはその後、大韓民国臨時政府の独立運動資金を募金し公債を売って送金した。特にクォン・キオクは日帝強制占領期間、無力な国民が日本帝国主義という鳥小屋に閉じ込められ、外に出る方法を忘れた鶏も同然と考え、自ら翼を折る愚かな鳥にならないと「鳥のように空を飛びたい」という夢を心に抱いた。

    独立運動に参加しながら日本警察の監視対象になったクォン・キオクはついに日本警察を避けて中国に亡命した。1920年上海に亡命した彼女は中国雲南陸軍航空学校第1期生で入学し、1925年卒業した。1924年、単独飛行まで無事に終えて学校を卒業し、韓国初の女性飛行士になって蒋介石の国民革命軍航空司令部所属飛行士に合流した。

    クォン・キオクは単に空を飛ぶことが夢ではなく、日本に爆弾を投下することが目的だった。ついに彼女は大韓民国臨時政府に「朝鮮総督府を爆破しようと思うので飛行機を準備して欲しい」と要求した。しかし、当時、大韓民国臨時政府は飛行機を買うお金どころか、借りるお金もなかった。結局、彼女は1932年、上海戦争が起きるとすぐに中国側から日本を相手に戦った。

    そして3年後の1935年、蒋介石の夫人の宋美齢(ソン・ミリョン)中国航空委員会副委員長が中国青年たちに空軍のすばらしさを知らせるとして、クォン・キオクを前面に出した宣伝飛行を提案した。クォン・キオクは終着地が日本の東京であることを確認し、日王の宮殿に爆弾を落とす計画をたてた。

    クォン・キオクはその日が来ることだけを切実に待った。しかし、彼女の夢は失敗に終わった。宣伝飛行を控えて日本軍が北京に隣接した豊台を占領したためだ。北京では大学生らの大々的な抗日デモが続き、政局が不安になるとすぐに計画自体が取り消しになった。1943年夏にはクォン・キオクは中国空軍で活動したチェ・ヨンドク、ソン・キジョン飛行士などと共に韓国飛行隊編成と作戦計画を構想した。

    1945年3月、大韓民国臨時政府軍務部が臨時議政院に提出した「韓国光復軍建軍および作戦計画」の中で「韓国光復軍飛行隊の編成と作戦」がその結実だった。米国と中国から飛行機を支援され、韓国人飛行士らが直接戦闘に参加することが主要内容で、日本が予想より早く崩壊してこの計画は実行されなかった。

    光復後の1949年、帰国したクォン・キオクは国会国防委員会専門委員を引き受けて韓国空軍創設の産婆の役割を果たした。政府はクォン・キオクの功労を認定し1968年、大統領表彰、1977年大韓民国建国勲章国民章を授けた。死後は国立墓地愛国墓に埋葬され、国家報勲処は2003年8月、クォン・キオクを「今月の独立活動家」に選定した。

    イ・ジェヨン記者

    ソース:イートゥデイ(韓国語) [大韓民国1号]「日王の頭に爆弾を」…我が国初めての女性飛行士クォン・キオクをごそんじです
    http://www.etoday.co.kr/issue/newsview.php?idxno=1741337

    引用元: ・【韓国】 「鳥の様に飛びたい。そして日王の頭に爆弾を落としたい」~韓国初の女性飛行士、クォン・キオクをご存知ですか?[04/03]

    【すごいヘイト国だ【韓国】 「鳥の様に飛びたい。そして日王の頭に爆弾を落としたい」~韓国初の女性飛行士、クォン・キオクをご存知ですか?[04/03] 】の続きを読む

    このページのトップヘ